俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

やわらかい小川の音や初蛍

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日蛍を見ました。

最新の添削

「やわらかい小川の音や初蛍」の批評

回答者 竜子

シゲ様 こんにちは
お世話になります。
蛍がみれるとは羨ましい
御句
音でなく匂で詠んでみました
夕闇の水の匂ひや初蛍
よろしくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「やわらかい小川の音や初蛍」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

シゲさん、こんにちは。
御句拝読しました。本物の(笑)蛍が見られるとは、うらやましいです!

御句、「やわらかい小川の音」とあります。いいのですが、これってある意味当然のことで、例えば滝なら荒々しい音を立てますでしょうし、大河ならとうとうと流れます。
ごうごうと固い音を立てる小川はないでしょう。ですから、「やわらかい」と「音」の音数を使って、他の場所とか時間帯等の付随する状況を詠むことができます。
例えば、

・雨あがり裏の小川に初蛍
・夕暮れて小川に集う初蛍

何かのご参考になれば幸甚です。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「やわらかい小川の音や初蛍」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

暗闇の中で小川の音だけを聞き取り、そこに蛍という光景ですね。

とりわけ、「やわらかい」が良いですね。さらさらとか、静かなとかといってしまうととたんに世俗的措辞になってしまうところを、「やわらかい」とすることで、詩情豊かでオリジナリティーのある句に仕上がっていると思います。句がすっきりしています。

このままでよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

点滴のぽたりと夏空父の腕

作者名 みんみん 回答数 : 3

投稿日時:

朝のバス数える桜並木かな

作者名 かこ 回答数 : 1

投稿日時:

霜月や日の出の動くを日々眺む

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『やわらかい小川の音や初蛍』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ