俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

庭石や猫閑にして小六月

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小春/こはる
初冬
 

小六月/小春日
小春日和/小春空
小春風/小春凪
 
陰暦十月の異称で
ある。まだ本格的
な冬とはならず暖
かい日和が春先の
陽気を思わせるが、
春とは区別して
「小春」という。
冬囲いに精を出し
たり、越冬野菜を
取り入れたり、大
根や柿を吊るし干
にしたり、冬に備
えるころの日和で
ある。

団栗は小春に落つる端山かな
言水 「流川集」
月の鏡小春に見るや目正月
芭蕉 「続山の井」
ささ栗の柴に刈らるる小春かな
鬼貫 「続都曲」
古家のゆがみを直す小春かな
蕪村 「落日庵句集」
海の音一日遠き小春かな
暁台 「暁台句集」
水底の砂も小春の日なたかな
梅室 「梅室家集」
草山の重なり合へる小春哉
夏目漱石 「漱石全集」
玉の如き小春日和を授かりし
松本たかし 「松本たかし句集」
~きごさい~

最新の添削

「庭石や猫閑にして小六月」の批評

回答者 04422

こんにちは!
拙句 石榴の句にコメントありがとうございます。
確かに下五のなんと安易な表現かと思いましたが、ルビーはダイヤモンドより高価。日本では大分県・岐阜県の鉱山微量産出されたとかとありましたが、その高価さを表現出来ません。
御句の何とも穏やかな世界が映し出された子六月なんだろうか微笑ましく読ませていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱燗やここで止めよとわれのいふ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

冬晴や海ひろびろと紀勢線

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

蝶々も色好みけり春景色

作者名 高橋九二三 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『庭石や猫閑にして小六月』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ