俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒稽古裸足の剣士熱こもる

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

千日草です。飽きもせずに投句しました。柔剣道で少子化の中六人の豆剣士が指導者の下で真剣に竹刀を振っている様です。駄句で申し訳ございません。

最新の添削

「寒稽古裸足の剣士熱こもる」の批評

回答者 腹井壮

千日草さん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。寒稽古と道場にこもる熱の対比はよくわかります。しかし、「素足」は無駄な季重なりですね。
最初のうちは使う言葉の全てを季語だと思って歳時記で確認して下さい。面倒かもしれませんが結果として知らなかった季語を覚えるきっかけにもなります。

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒稽古裸足の剣士熱こもる」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。
いつも添削ありがとうございます。🙇
千日草様の視点には、いつも感心させられっぱなしです。ご自身で、もうひと捻りされると、ぴゅーっ!と行きそうです。
わざわざ、裸足の、と言わなくても、だいたい想像しますよね。
で、可愛く添削しました。🙇
◆寒稽古えいやえいやと豆剣士

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒稽古裸足の剣士熱こもる」の批評

回答者 けーちゃん

千日草さま 早々に添削ありがとうございました!😊
言葉の使い方など奥が深いですね。
三日坊主にならないよう、頑張りたいと思います。これからもよろしくお願い致します!🙇🏻

点数: 1

添削のお礼として、けーちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

浅春の回転ドアが回らない

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

カカオ豆のパーセントやバレンタインデー

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

夜鳴けば寝付けず遅刻蝉の声

作者名 鰐渕颯 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒稽古裸足の剣士熱こもる』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ