俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

二日灸据えたるごとき真珠婚

作者 唯我独善  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ご想像に出任せします。🙇

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「二日灸据えたるごとき真珠婚」の批評

回答者 塩豆

どうもです。
ぼんやりとはイメージできるのですが正直、わからん!って感じです。(笑)
俳句に慣れてくるとどうしても読み手を信じすぎてしまうことがあると思うのですが、それの最たるものになってしまったのかもしれません。勿論、私にも良くあることです。

点数: 0

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

茎の赤はうれんさうの甘みなり

作者名 白井 百合子 回答数 : 2

投稿日時:

転校生旧姓で呼ばれたい九月

作者名 唯我独善 回答数 : 1

投稿日時:

鳥山はこっちこっちと鰯雲

作者名 唯我独善 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『二日灸据えたるごとき真珠婚』 作者: 唯我独善
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ