俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新緑や小石に色の褪せぬ花片

作者 すえきち  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句をはじめたばかりです。
山道を歩いていたとき、木々はもう緑になっていて桜の咲いていた名残はどこにもないのに目線を下げると足元の小石や石段にはまだ色の褪せていない桜の花びらがびっしりと張り付いていて、その光景を詠みたくて句にしました。

最新の添削

「新緑や小石に色の褪せぬ花片」の批評

回答者 感じ

こんにちは🌞はじめまして。
宜しくお願いします。
さて、御句。
季語が二つある季重なりです。
はじめは、季重なりの句を成功させるのは難しいです。
「新緑」夏、「花片」春
コメントから、「花片」に重きがあるように思います。
「新緑」は外しましょう。
・石の上色まだ褪せぬ花片かな
花片=かへん、と読んで下さい。
宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

島を出る出ないの話し浜焚火

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 7

投稿日時:

清貧や秋風入れし隠居部屋

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

かじかんだお湯に手を付け冬が来た

作者名 トイレ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新緑や小石に色の褪せぬ花片』 作者: すえきち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ