俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒林に寄り添ひてみて鼓動かな

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年の唯我独善は、プレバトで言えば梅沢富美男を目指す所存です。
と、行きたい所ですが、無理無理無理!。
で、今年も川柳と俳句の二股掛けたやうな
代物を座敷荒らしと言われながら、投稿して参る所存です。逆鱗に優しく触れながら仏の顔を三度撫でないやうに。🙇✌🙇

最新の添削

「寒林に寄り添ひてみて鼓動かな」の批評

回答者 04422

唯我独善様こんばんは!いつも添削指導ありがとうございます。良句ですね。寒林の中に鼓動が聞こえる。僕には春間近の様子に見えます。風花は駄目でしょうか?降ってはすぐに消える様を初めて擬人化して見たのですが…駄目ですね。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

寒林に寄り添ひてみて鼓動かなの批評

回答者 三日酔いの防人

唯我独善様、今晩は。非常に目の付け所が良い句ですね。
一見説明的であり、それを感じさせないのが、私の中での名句であります。鼓動に着地点を置くのはさすがです。
五感の作用を上手く取り入れておりますね。『寒林』一見冷たそうに見える季語、そこに寄り添う対比、寄り添ってから鼓動に行く点はお手本にすべきかと感じました。
個人的に中七『寄り添ひてみて』が素晴らしいですね。寄り添いてみるなんてしがちですが、『寄り添ひてみて』とすることによって鼓動が何重にも響き合ます。一点申し上げるとすれば、中七の歴史的仮名遣いは不要ですね。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

デッキ構築終え春満月かな

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

掻く音の大らかなりや夏氷

作者名 たきさん 回答数 : 3

投稿日時:

枝垂れ桜透きて昼月のぼりけり

作者名 森 教安 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒林に寄り添ひてみて鼓動かな』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ