俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

海棠の下紫煙くゆらす傀儡師

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の句は、助詞の で が、説明的になるので、訂正しました。
上五が上七になりますが中七、下五でリズムを取り戻しています。

最新の添削

「海棠の下紫煙くゆらす傀儡師」の批評

回答者 負乗

めいさん、こんばんは🙂
お世話になります。

拙句ですが、「美しい日本の私」というのは、もちろん川端康成のノーベル賞スピーチからの語句です。(本にもなってますね。)
もう一人のノーベル文学賞の大江さんは、「あいまいな日本の私」と言ってスピーチしたらしいです。(これも、本になってますね。どちらも、読んだことないですが…😅)
「美しい日本の私」とは、"神国日本"の私、みたいなもんですか…
大江さんは、生きていた時代もあり、それへのアンチで言ったんでしょうね。

神国日本!…私なんかは、呑み屋で、平気で口にしたい言葉で、(実際は、まあ、言いませんが…😄)
そうだよ、日本は神国、忘れちゃ駄目だよ!…😁 というのがスタンスです。
それゆえの、この借りてきたそのまんまの措辞なのです…(笑)

上五、中七を「美しい日本の私」として、俳句の"大喜利"にしたいと思いましたが、無理ですかね…(笑)

いろいろ考えて見ました。
下五勝負ですかね…俳句にするには…
きごさい『春』から。

「美しい日本の私春日和」

…以下
「春の雨」「春の海」「伊勢参」「木の芽和」「春セーター」「春帽子」「安吾の忌」「茂吉の忌」「猫の恋」「四月馬鹿」「春惜しむ」「新社員」「花疲」「花供養」「啄木忌」「靖国祭」「花水木」「ライラック」…(選択は適当です。)

まあ、どれを下五にしても、"季語が動く"のでしょうが…
動かないのは、
「美しい日本の私伊勢参」
「美しい日本の私安吾の忌」
「美しい日本の私四月馬鹿」
「美しい日本の私靖国祭」
ですかね…

「美しい日本の私春惜しむ」
これを"添削句"?とします。(笑)

さてさて御句ですが、
「傀儡師」とは?…

傀儡子(くぐつし、くぐつ、かいらいし)とは、木偶(木の人形)またはそれを操る部族のことで、流浪の民や旅芸人のうち狩猟と傀儡(人形)を使った芸能を生業とした集団、後代になると旅回りの芸人の一座を指した語。 傀儡師とも書く。 また女性の場合、傀儡女(くぐつ め)ともいう。

御句では、"かいらいし"と読むのですかね…
流石、国文科だと思いました✨
古い日本画を見ているようです。
「海棠の下」は。"海棠に"でも、良いのでは…?
「海棠に紫煙くゆらす傀儡師」

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「海棠の下紫煙くゆらす傀儡師」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

めい様 おはようございます。
お世話になります。
御句
海棠は春の季語、傀儡子は新年の季語かと思います。
提案句です。
人形遣い紫煙くゆらす海棠のもと
上五字余りです。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海亀の涙と共に生む命

作者名 肥川 稔 回答数 : 1

投稿日時:

仕事辞め途方に暮れて秋の空

作者名 優子 回答数 : 4

投稿日時:

友達とハイファイセット秋夜長

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『海棠の下紫煙くゆらす傀儡師』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ