俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玉突きかバス横よぎり夜霧の中

作者 おいちょ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

チャットモンチーてな感じで、地後共地てな感じで、一方通行なのだが、前の車が急ブレーキをかけて、後ろは、ロマンスをデザインした様なバスで、うまくすり抜けて行くのだ。車は、警備員の車で、道が分からなくなり、事務所に電話するのだ。そして、道を知ってる精鋭先頭について、共に後ろについて来て仕事場に行くのだ。戦闘に行く訳ではないのだが、弱気がブレーキをかけて、敵前逃亡的で、事務の人間は、解雇にしたろかと思ったのだ。近くに、さっきの銭湯があって、湯煙が出てたのだ。急ブレーキをかけた車は、通せんぼう気味だったが、バスはうまく避けたのだ。行け無理ではないのだ。ともにおちんちんが付いてないのだ。

最新の添削

その他の添削依頼

塀の上そよ風わたる木蓮忌

作者名 めい 回答数 : 6

投稿日時:

王春子等賞ガッツ讚多ベル一二讚多サンタ多事讃ふ表現で一二ひいふ詠みます

作者名 宴·輝和 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

カステラをやをら切り分く夏の雨

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玉突きかバス横よぎり夜霧の中』 作者: おいちょ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ