俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

病室の窓から観るや花桜

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

入院時代

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「病室の窓から観るや花桜」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

めいさん、初めまして。句を拝読しました。

とても応援したくなる句で、「早く回復してもっと間近で桜を見たい」、「早く元気になりたい!」など、前向きな気持ちが季語「桜」に託されていると私は感じました。

ですが、コメントに「入院時代」としかお書きでないので、これだけでは添削のアドバイスはしにくいかな、ご自身でも推敲しにくいかなと思います(例えば、病気なのか、ケガなのか分からない、おそらくご自身の入院体験でしょうが、誰かの入院時代が長くて、そのお見舞いとも受け取れる。「観るや」で詠嘆されているので、桜を見てどの様な気持ちになったのかお書きでないので、作者様の気持ちを汲み取りにくい等)
又、花、桜もどちらも桜を表す晩春の季語ですが、敢えて「花桜」の単語をお使いという事は、きっと意図がおありに違いないと感じました(古い短歌にも出てくる様な単語です)

これは完成句としてお出しになると、きっと多くの方の共感が得られると思います。
他者が添削するとしても、ご自身で推敲されるにしても、もう少し具体的な情報が必要かなと思いますが、いかがでしょうか?
よろしければお返事頂けると幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

「病室の窓から観るや花桜」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

めいさん。拙作へのご返信、ありがとうございました。

「病室の小窓より観る花桜」
めいさんがご納得される形になれば、きっとそれで良いのかなと私は思います。

拙作の「就活は内定彼を卒業す」へのご返信についてです。
「世間の皆さん、余韻を持たせようとするのに、敢えての、、ですか?
想像する余地は、あっては、だめですか?」

↑とても良い着眼点だと思います。

「就活は内定彼を卒業す」と終止形で言い切られていたので、句の主人公である女性の複雑な内面に、「彼に別れを切り出してかわいそう」という気持ちを感情移入され、めいさんは「幸せな結末が好きです。」とご返信くださったのではないかと思います。

「読者が感情移入できる強さを句に保ちたい」という作者の狙いがある場合、敢えて余韻を残さない事があります。

もし、「就活は内定彼を卒業し」と連用形で余韻が残してあれば、「彼女は彼に別れを切り出すけど、それに代わる何等かの幸せを掴むのかもしれない」の様な想像が働き、そこまで強い感情移入は起こらなかったと思います。

それが、「敢えて余韻を残していない」理由であり、答えです。

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幼子や右手と股に水鉄砲

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

芝桜ことしは独り眺めおり

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

ラヂオから中島みゆき長き夜

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『病室の窓から観るや花桜』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ