俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

歩が弾み背中も温し春日かな

作者 博充  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春になって散歩に出たときに詠みました。

最新の添削

「歩が弾み背中も温し春日かな」の批評

回答者 あらちゃん

博充様こんにちは。
上五、弾まなくても良いのかと思います。
また中七を現在形で詠みました。

歩むほど背の温かき春日かな

よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「歩が弾み背中も温し春日かな」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

博充さま、こんにちは。
暖かく気持ちのいい季節になり、散歩も快適ですね。

御句ですが、以前の「雛納め」や「春なかば」の句と同様、季語の説明文になってしまっているのが気になりました。
「春日」という季語だけで十分、「日差しがあたたかい、外に出たくなる、歩も軽くなる」という気持ちは含まれていると思います。季語の力というやつですね。

「歩が弾む」「背中が温かい」という万人が感じる感覚ではなく、博充さん自身の見た具体的な描写を入れるとオリジナリティが出るのではないでしょうか。
たとえばですが、久しぶりに散歩に出かける、散歩している人が増えた、犬が走り回っている、商店街が賑やか、土手でデートしているカップル、公園で遊ぶ子どもが大勢、校庭で野球の試合、などなど。自分ならではのタネを見つけて盛り込むと面白いと思います。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「歩が弾み背中も温し春日かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

歩が弾むは意味は分かりますが、弾むという動詞が少し目立ちすぎ、次の背中温しとが散文的にだらだら並ぶ感じです。ポイントを背に絞るほうが良いと思います。春日なので温しは冗長ですね。
”足取りの軽き背に降る春日かな

背に降るは今一かと思いますが。

要は主題を絞るという問題かと思います。因みに俳句のパターンは主役一つ(多くは季語)+脇役一つ+それらを修飾する措辞という構成がほとんどかと思います。参考にしていただければ幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春雨や新入りがそれやるルール

作者名 めでかや 回答数 : 8

投稿日時:

サザンへ

作者名 ウェンズデ正人 回答数 : 0

投稿日時:

見つめるや青と赤咲く額の花

作者名 シゲ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『歩が弾み背中も温し春日かな』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ