俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅の花あぎとひし鯉覗きたる

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅の花が咲いてるときに池の鯉が水面でパクパクしてる様子がまるで梅の花を見ているように見えたので、詠みました。

最新の添削

「梅の花あぎとひし鯉覗きたる」の批評

回答者 イサク

はじめまして。よろしくお願いします。

◆中七「あぎとひし」で、「~し」は過去の動作になってしまうので、現在の時勢でつないだ方がよいのではないでしょうか。
◆下五「覗きたる」ですが、このままでは『自分』が覗いているのか『鯉』が覗いているのかはっきりしません。コメントでは「鯉が見ている」ということなので、助詞を補ってみます。
◆「梅の花」を見ているということなので、上五に切れがありません。下五連体形になっていますが、言い切ってみませんか?

・梅の花あぎとふ鯉の覗きたり

いかがでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅の花あぎとひし鯉覗きたる」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

小野博充様 こんばんは
初めましてよろしくお願いいたします。
御句
上五中七で切れていませんか?
提案句です。
梅の花鯉のあぎとふ古き池
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

美男子を鎖に繋ぐ熱砂かな

作者名 かこ 回答数 : 12

投稿日時:

日本勝つ一粒万倍の彼岸

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

かじかむ手あたため見上げる星空を

作者名 髙橋ひな 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅の花あぎとひし鯉覗きたる』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ