俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山椒の芽叩く香りの薬味かな

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

好きな香りです。

最新の添削

「山椒の芽叩く香りの薬味かな」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
再々訪です。
御句には私の言葉足らずで真意が伝わらず、失礼しました。
文法の誤りなど指摘しようとしたわけではないのです。意味の繋がりのことをお伝えしたかったのですが、言い方が雑で伝わりませんでした。
すみまさんでした。
それをなんか、突き放したような返信をして申し訳ありませんでした。

その分、またまたイサクさんが完璧なフォローをしてくださいました。私の申しあげたかったことはまさにこのことです。
イサクさん、有難うございました。この前も、竜子さんの能登の句について、私の読みが足りなかった時もフォローしてくださいましたね、感謝します。

お二方とも、懲りずに今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山椒の芽叩く香りの薬味かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
御句雰囲気があって佳いとおもいます。
少し要素が多いかなとは思いますが・・・。
私も詠んでみました。

芽山椒ふはりと包む朝餉かな

いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「山椒の芽叩く香りの薬味かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。なんか、山椒の爽やかな香りが漂ってくるようですねー。

ただ、なんか引っかかるものがあり、何度も読み直しました。それでわかったのですが、これって、一気に読み下すと、「叩く香り」となってしまって変ですよね。「山椒の芽叩く/香りの薬味かな」と切れが入りますか?
そのために、最後の「かな」がちょっと浮いたような形になるような…。
少し一気に読む形にしますと、

・山椒の芽叩き香りの薬味とす

あっ、違う、

・山椒の芽叩き香りの薬味かな

ちなみに上五は「さんしょのめ」です。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「山椒の芽叩く香りの薬味かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

なおじい様のフォローに入ります。
「叩く香り」の繋がりですが、連体形で繋がっているとするなら「香りが叩く」「香りを叩く」という意味になるので、やはり違和感を感じます。

「叩く」の主語目的語は「作中主体(作者)」と「山椒の芽」。「作中主体(作者)が山椒の芽を叩く」というのが本来の構文です。
なので「叩く」の連体形でつながる相手は「作中主体(作者)」あるいは「山椒の芽」ということになると思います。
「作中主体(作者)」を「○○」と表すなら、「(○○が)叩く山椒の芽」あるいは「(山椒の芽を)叩く○○」ですね。

上で書きましたが「香り」を叩いているわけではないですよね。「叩いた後で、香りを感じる」という順序(時勢)も発生しています。
という点の違和感だと思います。

ということで、少なくとも中七以降の言葉の繋がりを見直すのをお勧めします。アイデアとしては、「山椒の芽を叩く」なら「香り」は言わずもがなであるので「香り」を省略するか、基本的に薬味のような使い方をするでしょうから「薬味」を省略するか、というところでしょうか。

・叩かれし山椒の芽の薬味かな
・叩かれし山椒の芽の香りかな

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「山椒の芽叩く香りの薬味かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
再訪です。竜子さんが、「叩く香り」とお詠みで問題がなければ、なんの問題もありません。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

旅打ちの友とすすきの夏の暮れ

作者名 北あかり 回答数 : 4

投稿日時:

春の宵スクリーンのエンドロール

作者名 森本可南 回答数 : 4

投稿日時:

蜂飼の言葉短く木の陰に

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山椒の芽叩く香りの薬味かな』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ