俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

古傷のビスに宿りし余寒かな

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳ポ『余寒』が締め切られましたね。
この句は、おかえさんのことを思って詠んだ句です。

おかえさん、その後の経過は如何ですか?。
本当の痛みも分からないのに勝手に詠んでしまってすみません。
投稿できてたら良いなぁ。それではお大事に。

宜しくお願い致します。

最新の添削

「古傷のビスに宿りし余寒かな」の批評

回答者 めい

めでかや様〜〜きゃ〜〜🤩
女性だったのですね〜😵‍💫
今日、初めて知りました。🙇なんで、ずっと男性だと、思ってたんだろ?🤔
嬉しい〜〜。💕それと、コメント、提案句をありがとうございます。元気をいただいたような感じです。

▪抜釘の傷跡なでる余寒かな

私がひざを骨折したときの様子です。ギブズがとれたときの情景です。
いまでも、寒かったり、雨だと、痛みます。
そのときは、優しく撫でてあげます。
気のせいか痛みが緩和されたような、、、。

また、宜しくお願いいたします

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「古傷のビスに宿りし余寒かな」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、詠んでくださってありがとうございます🙇
ポスト投句されたのですか?

私も記念に貰ったプレートと釘を見ていて何句か考えて、青々とした釘を見てこんな物が体内に入っていたんだ!って寒気がしました😥
・抜釘す釘八本の余寒あり
を投句しましたが…どうだか?雰囲気は似ていますね~他の事を詠んだ2句の方がましかもしれません😓
簡単に考えていましたが、そりゃまた切ったのですから痛いのは当たり前ですよね!
でも余計な物を取ったのですから…楽になるはずと自分に言い聞かせて頑張ります!
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「古傷のビスに宿りし余寒かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

めでかや様こんにちは。
おかえさき様ご心配ですよね。
御句中七を変えてみました。
もうビスは抜いてあるかもしれませんが。

古傷のビスをなだむる余寒かな

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「古傷のビスに宿りし余寒かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めでかやさんこんにちは。
貴句、何となく感じは分かります。分かりますが、金属(ビス)から受ける冷たさを余寒に例えるのは少し短絡的かなと思います。
「余寒」は季感を表す季語ですので、単に金属の冷たさとは響かないと私は思いますが。
本句は、おかえさきさんをお労りのために詠まれたとありましたので、私もこの場をお借りして詠ませて頂きます。
(おかえさん、勝手に御身を句材にしまして申し訳ありません)

釘ぬけて膝を抱える余寒かな

めでかやさん失礼しました。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「古傷のビスに宿りし余寒かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めでかやさんこんにちは。
返信ありがとうございました。
季感の感じ方は、人それぞれに違うと言うことで理解致しました。
いづれにしても本句はおかえさんを労るお気持ちの句として、めでかやさんの思いはきっと届いたと思います。
生活俳句の2句、入選するといいですね。
いつものごとく、厳しいご批評有り難く感謝申し上げます(笑)

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

一人より二人は淋し椿の実

作者名 おかえさき 回答数 : 8

投稿日時:

子を叱る口から湯ざめはじまりぬ

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

南海トラフ地震は近し泡鳴忌

作者名 金太郎 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『古傷のビスに宿りし余寒かな』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ