俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

学童路と切れぬ声の息白し

作者 吉田一音  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めまして。
毎朝歩く通勤路で出会う小学生達に元気をもらっている気がしています。 彼らの元気を伝えられているでしょうか? ご意見をいただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「学童路と切れぬ声の息白し」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。よろしくお願いいたします。🙇
ひらがな「と」にしますと、一瞬読み間違いをしそうです。
◆通学路途切れぬ声の息白し
で、スッキリ伝わりそうです。
中七を具体的な映像にされると、あるある感のある句になりそうです。もう一度よく観察されてはどうでしょうか?🙇

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

群れなして風に舞いたる秋の蝶

作者名 岸本義仁 回答数 : 4

投稿日時:

蜜豆や母の友人退院す

作者名 ちゃあき 回答数 : 8

投稿日時:

秋しぐれ下駄の小走る石畳

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『学童路と切れぬ声の息白し』 作者: 吉田一音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ