俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

太巻きの桜でんぶに四温かな

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先の句は、やとかなが入ってしまいました。

最新の添削

「太巻きの桜でんぶに四温かな」の批評

回答者 あらちゃん

めい様こんにちは。
拙句閑なるにコメント頂きありがとうございます。
お褒めいただきありがたいのですが、まだまだですよ。

御句拝読しました。
素敵で佳いと思います。
ですが少々中七『桜でんぶに』の『に』が気になります。
国語的なものでしょうが、私は『桜でんぶの』がよろしいかと思いました。『の』でしたら句意が十分に表現されるのではないでしょうか。

今後ともよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「太巻きの桜でんぶに四温かな」の批評

回答者 幸福来々

句の評価:
★★★★★

『小春』の句のコメントありがとうございました。
鑑賞していただいて嬉しかったです。
また、ご指摘もその通りだなと思いました。
ありがとうございました。

さて、本句ですが、いいですね。
心がポカポカするいい句だなと思いました。
晩冬の季語と太巻きで恵方巻も連想できますし、そして、その『桜でんぶに四温』を感じたと。
『四温』の恵みを願っているようでもある。

『四温』でないと表現できないものが沢山詰まっている句なので、テクニカルだなぁとも思いました。

添削ではなくカメラワークを入れるとしたら以下のようなこともできますねーというのをおいておきます。
・太巻きに四温の桜でんぶかな

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

「太巻きの桜でんぶに四温かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

めいさん、こんばんは🙂
コメント有り難うございます。嬉しいです。

ゴッホの『カラスのいる麦畑』ですか…たしかに似てますね…😉 (しかし、私は"文化人"とかではないので、絵画のことは全く素人ですよ😄)
因みに、「寒鴉」の季語ですが、ググると、

季語・『寒鴉 』
寒中に見る鴉をいう。 ところどころ雪のある冬田の中を、鴉が餌 を求めて歩く。 一、二羽で現れることが多く、なんとなく哀れで 親しみがわく。

拙句は、少しずれているようです。念のため。

御句、「桜でんぶ」とは?…

三色弁当やちらしずしの彩り、バレンタインやひな祭りといった行事の際に混ぜ込んでピンク色のおにぎりを作るなど、さまざまなシーンで活躍する「桜でんぶ」。可愛い色とその甘い味わいから、重宝される食材です。

太巻きにもよく混ぜてありますね😉
色合いが「四温」の季語と、会っていると思いました。
ただ、「に」が、位置を示すのか、並立か、で少し気になって、考えてみましたが、他に無さそうですね…😅
「桜でんぶ」のピンクが、鮮やかに見えて良い句かな、と思いました。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「太巻きの桜でんぶに四温かな」の批評

回答者 幸福来々

句の評価:
★★★★★

『寒晴』の句のコメントありがとうございます。

鑑賞ありがとうございます。
そうです。
『寒晴』でネガティブを表現したかったのです。
そういう鑑賞をしてくれて嬉しかったです。

すみません。
どれがめいさんの花魁の句かわからなかったので、お手数ですがもしよかったら教えていただけたら嬉しいです。
鑑賞させてください。

点数: 0

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遊具乗り落ち葉一面記憶遊び

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

鷹の目の煌々ネオン褪せた街

作者名 南風の記憶 回答数 : 4

投稿日時:

あの頃は恐かった犬杉落葉

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『太巻きの桜でんぶに四温かな』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ