俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

髪ふれて髭もふれたる氷面鏡

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

格好つけて自分に見とれている

最新の添削

「髪ふれて髭もふれたる氷面鏡」の批評

回答者 秋恵

あらちゃんさま、
コメント
ありがとうございました!
御句
髭も…と言うと男性でしょうか?
確かに氷面ではゆらゆらして
綺麗に映りますょネッ!!
面白い句だと思います。
また、よろしくお願い致しまーす。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「髪ふれて髭もふれたる氷面鏡」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさま
私も小学生位まで目の前の銭湯の大きな鏡の自分に酔いしれて、いつまでも(1時間位だったと思います。)髪に触れて自分を見つめていました。赤ちゃんの頃迄は、本当に可愛かったと、よく姉に言われます。今じゃあ…💦皆自分なんですかね、職場では、化粧しちゃいますね、化粧すると綺麗になるからです😅化粧した自分の顔は変でも自分では好きですね。あらちゃんさまも見惚れる位格好良いのでしょうね😊

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「髪ふれて髭もふれたる氷面鏡」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様。そうですね。
人生100年時代とよく言われてますね。
明るいあらちゃん様に救われました。
強気で、頑張ります。
ありがとうございます。

御句。女性は、あるあるですが、男性もそうなんですね。
それにしても、洗面所で見る自分の顔は、あれ?まだいけるかも?と思うのに、スマホで見た顔、三割減になるのは、どうしてだろう?
また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝の月小鳥のさえずりいざ卒業

作者名 うらら 回答数 : 1

投稿日時:

風の輪の白き彫塑や若葉風

作者名 馬場芳樹 回答数 : 3

投稿日時:

牧柵を越ゆる最後は孕み鹿

作者名 北野きのこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『髪ふれて髭もふれたる氷面鏡』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ