俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薄着して丑紅まとう歌舞伎町

作者 だるま  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

歓楽街に集う女性の艶やかさ、妖しげな美しさを詠みました。

最新の添削

「薄着して丑紅まとう歌舞伎町」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。はじめまして、宜しくお願いいたします。🙇
丑紅という言葉を知って嬉しく思います。
寒紅の傍題と知りました。初心者の俳句ではないと思いますが、薄着とまとうは敢えての表現かと思いますが、やはり近い感じがします。上五に工夫の余地があるような気がします。初心者の感想ですので、気を悪くなさらないでくださいね。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

薄着して丑紅まとう歌舞伎町の批評

回答者 三日酔いの防人

だるま様、今晩は。
詠みたい主題が定まっていることは素晴らしいと思います。上五『薄着して』は場合によっては季重なりと解かれる恐れがあると思います。また、少し説明的かと・・・
丑紅のグラスの煌る歌舞伎町
として、女性の生々しい感じを提案致します。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山肌がのうぜんかずらの緋に燃える

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

初雪や寒波到来大わらわ

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

料亭の水琴窟や竹の春

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薄着して丑紅まとう歌舞伎町』 作者: だるま
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ