俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

富士の山ざくらの前に別れけり

作者 堀籠美雪  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜が咲くまでももたなかったな。俳句も仕事も。でも私の職場の障害者の女の子だけは、寂しいな、と言ってくれた。何もしてやれなかったな、辞めるまでに私の好きな香りの物をあげようと思う。次の仕事は、土日祝休み、障害者の子とこんな悲しい別れをするなら、はじめから、土日祝休みのところを受ければ良かったなあ。またいつか電車🚃ででも会えるといいな。明日、明後日は、休み、孫が実家に来るから楽しく遊ぼう。

最新の添削

「富士の山ざくらの前に別れけり」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

良い句ですね。中七を助詞「に」で結んだのがとても良いと思います。仮に「で」だと前半が長々と場所の説明になってしまうところです。

山桜の心情は季語そのものを調べた範囲ではなかなか掴めなかったのですが、次の句が良く伝わります。
”足弱を馬に乗せたり山桜/漱石

障害者の人とお別れになったが、「その先はどうなるだろう、山桜の方に向かって去って行ったのできっと大丈夫だろう、」との優しさと安堵感が響きます。

人生は皆悲しいのか、しかし強く!‼️

改めて良い句ですね。今後ともよろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「富士の山ざくらの前に別れけり」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

本句拝読しました
句またがりの句ですね
季語は山桜で、「前で」ではなく「前に」なので春を待たずしての別れと読みました
ただ、ひとつ気になるのが詠んでいる時期と季語の時期がずれているのと、それもあって季語の桜がまだ咲く様子もない冬の桜になっちゃってますね
その時期、一瞬を季節の中で読みたいので別の季語を斡旋したいかと思いひとつ
 富士の枯桜の前の別れかな
これからもよろしくお願いします

点数: 3

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「富士の山ざくらの前に別れけり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あやめ様 おはようございます。
お世話になります。
仕事をお辞めになるんですか?
さくらを詠むなら冬さくらの季語あります。
提案句です。
冬さくら富士を遠くの別れかな
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「富士の山ざくらの前に別れけり」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

あやめさま。いつもありがとうございます。

御句、破調ですか?富士の山桜
ということですか?
とすると、季語は、どれに、なりますか?
このままだと、コメント読まないと、意味が、伝わらないと思います。
お別れの詩だということは、わかります。
もう少し
推敲の余地ありだと思います。
宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

小さくもあるがままなりはしり藷

作者名 高井和正 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

年経てどこたつの役目変わらざり

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

梅雨晴に若さ輝くダンスかな

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『富士の山ざくらの前に別れけり』 作者: 堀籠美雪
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ