俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水鳥の翼水面を打ち飛び立つ

作者 HF立志  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こちらのサイトへは初めて投句します。
水鳥が水面から飛び立つ際、バシャバシャと水面に羽を打ち付けて、にわかに慌ただしくなります。
下五を「打ち」という動詞と「飛び立つ」という複合動詞で字余りにして、そのバタバタした感じを演出してみました。
皆さんよろしくお願いいたします。

最新の添削

「水鳥の翼水面を打ち飛び立つ」の批評

回答者 なおじい

HF立志さん、こんにちは。
御句拝読しました。水鳥の飛び立つ瞬間をとらえようとした句ですね。

動きのある光景ですが、少し気になるところがあります。
まず、「翼」と「水面」が、「水鳥」という季語と重複していること。次に動詞が「打ち」と「飛び立つ」と複数あること、また、下の句が、あえてとのことですが字余りになっていること。
このどれもが、プラスの効果を出しているとは思いにくいです。

例えば、

・水鳥の音騒がしく飛び立ちぬ

こんなのもありかと思います。これは提案句ということではなく、推敲のベースにでもなればと置かせていただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新聞のページ破れて雨蛙

作者名 シゲ 回答数 : 2

投稿日時:

詠むことぞ読んで力に夜半の春

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

紫陽花はとらやの庭が似合うはず

作者名 おかえさき 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水鳥の翼水面を打ち飛び立つ』 作者: HF立志
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ