俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初登頂ガッツポーズの陰笑う

作者 沼尻 有宇  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

塔の山に登頂しました。
4時間の長い道のりでした。
巨漢の私には酷すぎました。
降りてきたところで、ものすごい達成感を得ました

最新の添削

「初登頂ガッツポーズの陰笑う」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして
巨漢のハオニーです
だから、どれだけ大変なことか想像ができます

塔の山が何処なのか候補がいろいろありましたが、塔の上へ階段で登ったわけではないようですね
紛れもなく山登りなのでしょう

気になるところといえば、「陰笑う」です
ガッツポーズは嬉しいときにするものだと思うのです
ガッツポーズだけで素直に嬉しい気持ちは伝わってくるので、ここに季語を入れられる可能性があるといえます
このままだと、「登山だから夏の句なのかな?」と推測されます
季節感を正しく伝えられると、体験談を読み手にイメージさせる力が強くなります

もし11月下旬の句だとしたら、こういう可能性があります
初登頂ガッツポーズの息白し

ただし、私は季語のない句を否定する人間ではありません
季語を入れた方が伝えやすい、と言いたかったのです

点数: 0

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初登頂ガッツポーズの陰笑う」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつもありがとうございます。初登頂お疲れ様でした。素直な気持ちが出ている感じがします。
季語のない俳句もありますので、どーのこーのではないのですが、俳句を他人の目に晒すということは、何かしらの共感を得ようとする気持ちがあるということかと思います。ある意味良い評価を得たいという気持ちがあるということだと思います。素直ではあるのですが、読者としてどうしていいか悩んでしまう感じです。私だけの拙い感想かも知れませんが、。季語に託すという気持ちで詠まれた方が、作者も恐らくいい気持ちになるような気がします。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の空孫が降り立つ土手斜面

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

倉岳山の向こうへ放て弓始

作者名 あほ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

雪解けの道にさまざま靴のあと

作者名 あらちゃん 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初登頂ガッツポーズの陰笑う』 作者: 沼尻 有宇
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ