俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の鷺追ひて小川の行き止り

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鷺か餌をとっているのじっと見ているといきなり飛び立ち、自分も追って行こうとしましたが、ムダでした。

最新の添削

「冬の鷺追ひて小川の行き止り」の批評

回答者 竜子

こま爺様 こんばんは
お世話になります
たびたびすみません
季重なりは主題がはっきりしていれば良いとされています。
とご回答ありがとうございます。ただ頭が悪くどういうことなのか理解できませんでした。ごめんなさい。
ただ、こま爺様のようなベテランは良いけれど、初心者は季重なりは避けた方が良いということですね。
歳時記をよく読んで俳句を作るようにいたします。
いつもご指導ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の鷺追ひて小川の行き止り」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

こま爺様こんにちは。
いつもお世話になっております。
御句のコメントを拝読しご提案させていただきます。

冬の鷺いきなり飛べり飛べぬ吾

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の鷺追ひて小川の行き止り」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
冬の鷺は私の歳時記には載っていませんでしたが、ネットのきごさいには冬鷺とありました。
提案というより別な案で
大鳥のつと飛びあがる枯尾花
こま爺様に教えて頂いたように鷺と言わずに読み手に想像してもらう風にしました。
上手くありませんが。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の鷺追ひて小川の行き止り」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんばんは
お世話になります。
拙句葱のコメントありがとうございます。
葱はにおいませんでしたが、有り得る嘘ですね。
ありがとうございます。勉強になります。
勉強ついでにお尋ねしたのですが、あやめ様の七五三の添削は敢えて時雨るると七五三の季重なりとされたんでしょうか?
初心者になかなか難しいことですので教えていただけるとありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黄金週間高所作業車忙しげ

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

手術跡なぞり燃ゆ大波挑む

作者名 ポム 回答数 : 6

投稿日時:

天の川漁火遠き水平線

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の鷺追ひて小川の行き止り』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ