俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鹿鳴館跡地やけふの細雪

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

跡地も再開発でなくなりましたね

最新の添削

「鹿鳴館跡地やけふの細雪」の批評

回答者 竜子

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
拙句枯芭蕉のコメントありがとうございます。
十二月の季語いいですね。警官の立哨も多くなるでしょう。
御句
今は更地かなと思い
提案句です。
鹿鳴館今は更地や細雪
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鹿鳴館跡地やけふの細雪」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

さっそくですが、情景をちゃんと捕らえていらっしゃいますね。

気になる点をいえば、跡地が説明的で漢字が並び少し硬い感じです。跡地という事物の描写ではありますが、具体的過ぎて詩情に欠けるかもしれません。

上五を「鹿鳴館浮かぶ」としたいですね。硬い鹿鳴館と柔らかい浮かぶが響き会うのではと思います。

浮かぶとは:
(場景や想像、記憶などが)頭に思い起こされる。

”鹿鳴館浮かぶけふの細雪

次の二つの記事が大いに参考になると思います。

俳句におけるひらがなについて:
https://www.kohaneko.tokyo/2021/01/492.html?m=1

俳句詩情とは:
https://www.sakigake.jp/special/2020/haiku/article_05.jsp

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ナポリタン食べると決めて夏の朝

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

馥郁と咲いて棘もつ秋薔薇

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

落語家の着物で気づく秋は来ぬ

作者名 お七 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鹿鳴館跡地やけふの細雪』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ