俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

綿雲と稲穂と風の田んぼ道

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩道で。

最新の添削

「綿雲と稲穂と風の田んぼ道」の批評

回答者 竜子

こま爺様 こんばんは
再訪です。
余計なことですが、
久保田万太郎フアンとして少し気になってもんな様へのコメントに入力ミスあります。
出過ぎて申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「綿雲と稲穂と風の田んぼ道」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
拙句、偽果の句にコメントありがとうございました。
口に入れたるは当たり前でしたね。
貴句、綿雲は季語ではないにしても、やはり綿雲は春のイメージが強いですね。秋の雲の名前は殆どが季語となりますね。
うろこ、さば、いわし、ひつじ
そこで探しました。
「すじ雲」「薄雲」なら季語ではないかと思います。

すじ雲と風と稲穂と田んぼ道

どうせ言葉を並記するなら全て「と」で繋いだほうがいいと思います。また目線を上から下へとなるように順番を変えてみました。
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「綿雲と稲穂と風の田んぼ道」の批評

回答者 もんな

句の評価:
★★★★★

こま爺様
いつもありがとうございます。
拙句、への提案句ありがとうございます。
美味しい梨を籠いっぱいにして自転車で走る、元気な明るい句にしていただきました。

こま爺様の句

とても気持ちの良い風景と思います。

教えていただきたいのですが、普通に読むと季重なりになってますが「綿雲(春) 稲穂(秋)」この場合は何かの効果を狙ってのことでしょうか?
また、言葉の数が多過ぎではないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、もんなさんの俳句の感想を書いてください >>

「綿雲と稲穂と風の田んぼ道」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
御句
さわやかな秋の風景ですね。この時期の散歩は気持ち良いと思います。
提案句です。
黄色の田風たはぶるる今朝の秋
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「綿雲と稲穂と風の田んぼ道」の批評

回答者 もんな

句の評価:
★★★★★

ごま爺様
おはようございます。
私の質問に丁寧なお答えをいただきました、ありがとうございます。
勉強になります。

また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんなさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花火見て開き出るのは笑顔かな

作者名 西村武瑠 回答数 : 2

投稿日時:

ベランダの欄干錆ぶに梅の香来

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

三匹が三方向へ若葉風

作者名 耳目 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『綿雲と稲穂と風の田んぼ道』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ