俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梨を食ひ季語のことなど考へる

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

取り合わせは難しい。

最新の添削

「梨を食ひ季語のことなど考へる」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
拙句「スーパーの」にコメント有難うございました。なんか、受け止めてくださって嬉しいです。

御句拝読しました。お気持ちわかりますが、これって、

・梨を食ひ俳句のことを考へる

ではないですか?(笑)

まあそれはそれとして、「季語」ですと、受け止めてもらえる範囲がせまくなりそな気がします。
私は個人的に、広く受け止めて欲しいほうですので、

・梨を食ひ四季の恵みの有難き

みたいなのはいかがかと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梨を食ひ季語のことなど考へる」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ

御句、もう少し梨に対しての作者の捉えた方を句に滲ませたいですね。出ないとなぜ梨であるか?と言う疑問が鑑賞を邪魔して。また「季語」だと読者の対象が狭くなってしまうので、広げたほうがいいかなぁと。
また、これは僕の感想ですが、ずっと考えている空気を出すには、切れは最初にあった方がいいのではないかと思いました。

梨食ふや悲しき詩など考へて
※「悲しき」の部分は作者の捉え方次第でどうとでも。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「梨を食ひ季語のことなど考へる」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

竜子様
遅くなってごめんなさい。
コメント有り難うございます。
なかなか上手くいかなくて
落ち込み中でーす。
御句、
ストレートで良いと思います。
まさに私が
この句のとおりなんですョ、
又、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

抱卵の鶺鴒と目の合ひにけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

珈琲のカップ温め秋しぐれ

作者名 佐渡 回答数 : 7

投稿日時:

電線に一羽の烏冬の雨

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梨を食ひ季語のことなど考へる』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ