俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

俳号をまた変えようか柿紅葉

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まあ、勝手にしろという話ではあるんですがね(笑)
私は男なんですが、海郷(みさと)という名前と「私」という一人称で女性だと思っている方がいるように感じたので、変えようかと考えています。(別に女性と思われるのが嫌というわけではありません。)
「海郷」は私が産まれる前に両親が候補の一つとして考えていた名前で、素敵な響きだったのでそれを俳号にしていました。
俳ポ等に投句し始めるにあたって急いで決めた俳号だということ、もうちょっと俳人らしい格好いい俳号にしたかったこと、この俳号にして一年ちょっと経つこと、そして上記の理由も合わせて変えようと検討しているところです。というかほぼほぼ決めてます。
たぶん次の投句時に変わってると思いますが、評判によっては戻すかもしれません。

ちなみにこちらの句は、俳号を変えようか迷っている感じと、赤や黄や茶など様々な色をつける柿紅葉を取り合わせましたが、取り合わせの勉強中なので、もし他に合う季語がありましたら、ぜひご提案ください。

長文失礼しました。

最新の添削

「俳号をまた変えようか柿紅葉」の批評

回答者 やまの はるか

こんにちわ いつもお世話になります。芋煮会の句にコメント、添削ありがとうございました。こちらは 覗いたり覗かなかったりとして お礼が遅くなってすみません。俳号も変更されたんですね 前のもステキでしたよ 俳号で男性か女性か、考えるのも また楽しいかもです。
龍淵に潜む の季語は難しすぎて 水を操る神獣と吸殻の取り合わせは 意外性がありで面白いのかも知れませんが 凡人の私には よう 分かりませんでした。感性の問題もありですが😓

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「俳号をまた変えようか柿紅葉」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

つちや海郷さん、こんにちは。
御句拝読しました。

人さまの俳号についてどうこう申し上げるつもりはありませんが、私はつちやさんの海郷という俳号はとても気に入っておりました。

でも、「みさと」とお読みするのは、教えてもらわなければわからなかったかもしれません。「かいごう」さんでもよかったかもしれない。なぜなら、二つの漢字から受ける感じが好きだったからです。

みさとさんでも、女性っぽいとかは思いませんでしたね。そもそも俳人の俳号って、「〇〇子」というのが多いですがみな男性ですよね?別にジェンダーは気にしないような?
「登盛満」さんなんて、ずっと男性だと思ってましたよ(ともみさん、ごめんなさい!笑)。

実は、私の「なおじい」も、こんなに長く続けるつもりはなかったので、とりあえずラジオネームで投句してしまいました(笑)。

それである時、考えに考え抜いて、「直次郎」に改名しました。でも、なんか今一つで、一週間も待たずに元に戻しました(笑)。
そんなことがあり、つちや海郷さんとか、葉月庵郁斗さんなど、カッコイイなぁと思っていました。

今回は添削するようなものご投句ではないと思い、ご要望の通り他の季語とか、あるいは返句とか、一生懸命考えたのですが、上手くまとまらないので、こんなのでお許しください。

・美し故郷離れ世に出る鰤のをり
(うましさとはなれよにでるぶりのをり)

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「俳号をまた変えようか柿紅葉」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ご無沙汰しております。
海郷さんが男性であることは知っていましたので、この人は勘違いしているなと思われるコメントを読むと教えてあげようかなと思うこともありましたが、まあ第三者がいうことでもないと思い直して黙っていました。
なおじいさんは、登盛満さんを男性と思っていたそうですが、僕は、かぬまっこさんを今年になるまでずーと男性だと思っていました。かぬまっこさんすみません。
さて、御句ですが俳号を変えることと色づく葉をリンクさせる必要もないかなと思います。それと「また」は必要ないのではないでしょうか。
・俳号を変えてみようか青蜜柑
・俳号を変えてみようか胡桃割る
・俳号を変えてみようか鶏頭花
僕の「ちゃあき」は小さい頃からの呼び名で全然俳号らしくないので、変えようかどうしようかと迷っているうちに時間ばかり経ってしまったので、苗字だけでもつけてみたいのですが(げばさんみたいに俳句雑誌に投句するとき用の)気に入った苗字が思いつきません。海郷さんの新しい俳号を楽しみにしています。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「俳号をまた変えようか柿紅葉」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

つちやさん!こんにちは!
その節はお世話をお掛け致しました。
暫く投句を控えておりましたが最近また図々しくも投句させて頂いております。
私は、今日の今日まで「女性」のつもりでお話しさせていただいておりました。ですから必然的に「海郷」=「みさと」と読ませていただいておりましたので今少し驚きをもって受け止めております。「そうだったんだあ」と言う感慨です。
まあ、私の感慨などどうでもいいのですが。
さて本題の俳号ですが、私は漢字部がとても好きで、素敵な俳号だと思っておりました。いっそのこと「つちや海郷」ではなく「海郷」=「かいごう」とされてはと思います。
まあ、私の意見などどうでもよくて、ご本人はすでに新しい俳号を決めておられるようですね。どうでもいいコメントを長々すみませんでした。
失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

サンドレス捲る少女の渚かな

作者名 腹井壮 回答数 : 4

投稿日時:

天の川甘きはなしにあきはなし

作者名 アボカド 回答数 : 0

投稿日時:

二胡を聞き可愛いあの子思う夏

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『俳号をまた変えようか柿紅葉』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ