俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

亡くなりし父への思い水澄めり

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。

昭和の頑固者で生前家族を手こずらせた父ですが
亡くなると幼き日の優しい思い出だけが残るようで
(亡くなってから長い何月が流れました)
思い出もろ過される物なのかなの〜と

どうなんだろうと思い自選ボツにした句です。

よろしくお願い致します。

最新の添削

「亡くなりし父への思い水澄めり」の批評

回答者 竜子

コウ様 こんばんは。
お世話になります。
お父様の思い出はたくさんおありでしょう。
提案句です。
水澄むや写真の父はほほゑめり
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「亡くなりし父への思い水澄めり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

コウさん、こんにちは。
御句拝読しました。頑固者とか、わがままとか、昔のお父さんって、ありがちですよね。でも亡くなると、そんなことばかり懐かしく思い出される、そういうものではないでしょうか。

御句、しみじみとしていい句と思いますが、上五の「亡くなりし」、これを言わなくてもその意味を伝えられるのではと。そしてその分、コウさんの追慕の念を少しでも具体的に言えるのではないかと思いました。

ご自身のコメントから、

・水澄めり幼少の日の父の顔
・水澄むや消え残る父への思い

亡くなりしとか、亡き父と言わなくても、読み手は「ああ、お父様は亡くなったのだな」と思ってくださると思いますよ。

点数: 4

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「亡くなりし父への思い水澄めり」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、お久しぶりです。
添削の名人お二人の後コメントしにくいのですが…😓
私より、お若いコウさんのお父様がだいぶ前にお亡くなりになったとの事…お気持ち分かります、亡くなった人の事は、余程確執がない限り良い思い出しか浮かびませんよね!
蓮の花のように昇華されるのでしょうか?
水澄むの季語もあっていると思います。
亡くなった事を言わないなおじいさんに一票としたのですが…敢えて「亡き父」を入れた句を思いついたので参加させてください。

「亡き父の良きことばかり水澄めり」

抽象的で、映像に乏しいかもしれませんが😓
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紅葉散る双極性の果ての吾へも

作者名 月に変わって 回答数 : 2

投稿日時:

見守りて新たな門出桜かな

作者名 善友 回答数 : 2

投稿日時:

待つ者も待たせる者もみんな春

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『亡くなりし父への思い水澄めり』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ