俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

湿田に足跡残る猪二匹

作者 金太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お願い致します。

最新の添削

「湿田に足跡残る猪二匹」の批評

回答者 なおじい

金太郎さん、こんにちは。お久しぶりです。
御句拝読しました。湿田で地域がイメージされ、それに似合った措辞が続くいい句ですね。
足跡を見て、素人にはわからなくても、ある程度の年季の入った方には、「こりゃ二匹だ」とわかるのでしょうね。もしかしたら、親子とか夫婦とかもわかるかも(笑)?

「足跡」とくれば「残る」は重複表現というのはすでに出ていますね。

・湿田に猪の足跡二匹分

ちなみに原句のままの「二匹」か「二頭」かで迷いました。人間より小さい動物は「匹」、大きい動物は「頭」で数えるとのこと、猪は微妙なので原句の通りとしました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「湿田に足跡残る猪二匹」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

◆下五で「二匹」と猪の数を断定しているので、目の前に猪を二匹見ているような句ですが、上五中七では「湿田に足跡【残る】」という、猪はすでにその場にいないような文章になっています。
 「猪二匹分の足跡が残っている」のか、「目の前に猪が二匹いて、たった今、湿田に足跡をつけている」のか、どちらの意味で作っておられるでしょうか?それによって作り方が変わるのではないかと・・・
◆あくまで邪推ですが、「二匹」という数詞が、下五を五音にするための音数合わせなのではないか・・・と思えてしまいました。

目の前に猪がいるなら、通り過ぎた足跡に注目するよりも猪に寄せた方が・・・
・猪来たる湿田に足しづめつつ

足跡に注目するなら、足跡に注目する方法はあると思います。
・湿田に猪は足跡残しけり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「湿田に足跡残る猪二匹」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

足跡と言えば残るは不要だと思います。二匹と限定せず読者の想像に任せるのも良いのではと思います。複数の猪が列をなしていたと詠むのは如何でしょうか。
”湿田に猪跡の幾列か”

やや思いきった添削ですのであくまでご参考てす。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「湿田に足跡残る猪二匹」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
他の方から良いコメントと提案句がすでに出ておりますが、私も勉強させて頂きます。
先ずは足跡を。

湿田に猪の足跡くつきりと
(猪=しし)

次に猪(いのしし)を。

湿田に猪二匹駆けてをり

よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

見送りて月の踏切過ぐるまで

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

余寒なほ留守が常なる駐在所

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

雛飾る一年ぶりの凛々しさよ

作者名 洋子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『湿田に足跡残る猪二匹』 作者: 金太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ