俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カマキリと対峙したるや我があり

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

カマキリを見つけた。
鎌を上げて威嚇するカマキリに私は対峙している。

最新の添削

「カマキリと対峙したるや我があり」の批評

回答者 竜子

岸本義仁様 おはようございます。
お世話になります。
私も先日、門のところでカマキリを見つけました。
やはり鎌を上げてましたよ。
提案句です。
蟷螂の高々と鎌上げにけり
因みにカマキリのカタカナは俳句では避けた方が良いと思います。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「カマキリと対峙したるや我があり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

さっさくですが「たるや」の用法が気になります。「たるや」はその前の言葉を、改めてやに続け意味を強めるものだと理解しています。例を挙げると「その来たるや疾風迅雷耳を掩うにいとまあらず」。

もし目前の出来事を、初めて見た、発見したと詠嘆したいというのであれば切れ字「けり」を使います。ああ、カマキリだ、こちらを睨み付けているな!。

「我」はご自身がそこにいたという意味だとすると、俳句は一人称なので、俳句を詠む我を言う必要はないでしょう。

長々と申し上げましたが一応次の句を提案させてもらいます。
”木の枝のカマキリじっと睨みけり”

厳しめですがよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野遊びや小指ひょっこりの靴下

作者名 春野ぷりん 回答数 : 4

投稿日時:

青空に積もるつもりもなき小雪

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

白髪の少し覗きて冬帽子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カマキリと対峙したるや我があり』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ