俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踏切のわきに群れゐる曼珠沙華

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実景、即吟、推敲なし。
家の近くの踏切の脇に曼珠沙華が生えていたのを見たので即吟、先ほど帰宅し推敲せずに即投句。
散文的かもしれません。

先日、私が至らないばかりに道場仲間が一人去ってしまいました。
今私がここにいていいのかわかりませんが、私は俳句が好きですし、この道場で皆様に育てていただいたので、結果を出してその恩返しがしたいです。
また、皆様が私を育ててくれたように私も新規の方たちを育てたいという思いもあります。
今回このような事態を招いてしまって申し訳ありません。
私をかばってくれた方や意見してくれた方々、ありがとうございました。
それから、前回の句へのたくさんのコメントと季語の提案ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「踏切のわきに群れゐる曼珠沙華」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

つちや海郷様
海郷様の添削をする前に、思わずお風呂に入りました。海郷様は私から見ると神聖(新星)で汚れてしまわれては困ると思いまして😅💦前置きはこのくらいにして、海郷様の句、心洗われます。昔、西岸良平さんの漫画に、若い鉄道員とたばこ屋の娘さんがお付き合いをしている話しが載っていました。ある日、子どもが既に塞がっている線路に入ってしまい、子どもを助けた若い鉄道員さんは亡くなってしまうお話しです。たばこ屋の娘さんは、このことを胸にしまい、お婆さんになり、踏み切りのところには曼珠沙華が咲いているお話しです。曼珠沙華の花言葉は、悲しき思い出というものも、有るそうです。それを思い出して暫く余韻に浸れたかな。
それから、タイガーマスクの添削、ありがとうございます。これを詠んでいる時、海郷様が浮かびました。だから、添削して頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございます。これからも海郷様の句を楽しみにしています。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「踏切のわきに群れゐる曼珠沙華」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

つちや様、こんばんは😀
早々のコメント、ありがとうございます。

俳句でも、短歌でも良くある感興と思っています。
「城南に往かんと欲して城北に至る」(杜甫の詩、題名は忘れましたが…😅)
コテコテの"東洋的詩想"のリバイバル、僕は密かにもくろんでいるのです😄 ええ。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「踏切のわきに群れゐる曼珠沙華」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆お世話になります。
拙句入選句にコメントありがとうございます😊
作っている時には気がつきませんせんでしたが、
頭韻、踏んでたんですね。^_^。
NHK俳句、最大一か月、4つの季語で投句できますよ。
4つの季語に投句するのは、骨が折れますが、皆さんの言う俳筋力はつくと思います。
(4つ、全ては必要ないと思いますが)
10月号の「鳳仙花」もあったんですが、10句は作りました。色々、調べてたんですが、「爪に色をつけて遊ぶ」がイメージできず、「弾ける」で作ったんですが、投句したのは、全ボツでした。^_^。
今は、それほどエネルギーないので、句数は減らして投句してます。
選考料、700円と思えば、安いと思います。
また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

瓜漬けや塾のチラシを見せる妻

作者名 卓鐘 回答数 : 3

投稿日時:

秋の日や病む子に添うてパンを食う

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

高くつくさんまの笑いと秋刀魚の値

作者名 坂内快羽 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踏切のわきに群れゐる曼珠沙華』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ