俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木枯しや子らの帰りを待ちわびる

作者 よしはむ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。

写真で一句・お題が出る投句サイト
https://jphaiku.jp/photo/

に投句したところ、現在までのところ2点が入った句です。
点数が入るのは珍しいので、とても気分が良いです。
おそらく自分としては、「木枯し」という物悲しさを感じさせる季語が、子らを心配する気持ちにうまく合っていたのだと思います。

ただ、2点止まりなので、あと一歩、何かが足りないのだと思います。よろしくお願いします。

最新の添削

「木枯しや子らの帰りを待ちわびる」の批評

回答者 腹井壮

よしはむさん、おひさしぶりです。

こういうサービスがあるのを存じておりませんでした。

写真からイメージして句を詠むのは苦手ですがチャレンジしてみようかと思います。

ところで自分が作句の際に気をつけている事に減らせる動詞は減らすというのがあります。
結果的に動詞は0か1つ、ごく稀に二つになります。

さらに感情がダイレクトに表れる言葉をなるべく使わないようにしています。
勿論、使う時もありますがかなり注意します。

そうすると原句から感じる事は「わびる」が不要ではないかという事です。

それではどう添削するかというと二つパターンがあります。

まず客観的に子供達の帰宅風景を詠んでみます。

木枯しに吹かるる子等の家路かな

木枯しに家路を急ぐ子供かな

もう1つ親の目線で詠む場合

木枯しに吹かれし吾子の帰宅かな

となります。

参考になれば幸いです。

点数: 3

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

木枯らしや子らの帰りを待ちわびるの批評

回答者 三日酔いの防人

よしはむ様、こんにちは。テーマの写真ともども拝見致しました。良い句かと思います。句の評価は人によりそれぞれですのであまり点数に固執する必要はありません。ましてやシステム上、参加者数も分からず、持ち点すら分からない句会の点にあまり価値はないと思います。
句は良い感じに情景が浮かびますね。玄関先に立つ親御さんの姿が目に見えます。
木枯らしは文字通り、葉を枯らすような北風ですね。散った葉は風の跡を追うとか、そこで私なりのアレンジです。
木枯らしや子らの帰りし道しるべ

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

バーボンに流氷沈むグラスかな

作者名 腹井壮 回答数 : 4

投稿日時:

からっぽの朝の瞳に桜散る

作者名 Y太 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

照れ屋さん隠す少女の春帽子

作者名 智泉 由紀子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木枯しや子らの帰りを待ちわびる』 作者: よしはむ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ