俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の田や水路の鯉の息づかい

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩中水路のそばで見た光景。鯉が何匹もぷかぷか息をしています。田は収穫を迎えつつある。

最新の添削

「秋の田や水路の鯉の息づかい」の批評

回答者 竜子

こま爺様 こんにちは。
お世話になります。
散歩の水路に鯉がいるとは良いですね。
初心者ですが、胸を借りるつもりで提案句を
秋の田や鯉は小川にくつろげる
秋の田ののんびりした風景を思い浮かべました。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の田や水路の鯉の息づかい」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

こま爺様
秋を感じる句ですね。この句で涼んでおります。しかし台風13号、日立市の棚田も被害にあいましたね、自然災害も怖いものですね。
それから添削ありがとうございます。娘にくもの糸、杜子春と読んでいって、だんだん大人になるなあと詠んだ句です。前には、初春や可愛い娘十四歳というのを詠んだ事もあります。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の田や水路の鯉の息づかい」の批評

回答者 松本まゆみ

句の評価:
★★★★★

こま爺様
早速の添削有難うございました。
とても勉強になります。なるべく無駄な表現は省きたいと思いながら・・言われて確かに!と気づくのですからまだまだですね。
秋の田や・・未熟な私でもす~っと秋の情景が浮かんで、田舎を感じます。

点数: 1

添削のお礼として、松本まゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

台所立つうなじからゴーヤのかほり

作者名 豆の山 回答数 : 1

投稿日時:

夕霧や雨音のみの帰り道

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

新しき巣箱を濡らす雨静か

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の田や水路の鯉の息づかい』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ