俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

のど飴のなくなるまでを天の川

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題では。最近作句が捗りません。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「のど飴のなくなるまでを天の川」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

卓鐘様
天の川を、飴をなめて無くなるまでまで見ていたという事でしょうか?本当に馬鹿ですみません🙏💦それか天の川のように、口の中で飴が溶けるまでの余韻を感じていたとか?💦其れから、添削をありがとうございます。確かに我は姉が出ているので不要でした。綺麗な星空を思わせる様な素敵な句にして頂いて、恐縮です、私の頭の中も、卓鐘様のように優秀だと良いのになあ、と勝手に思ったりしている今日この頃です。添削、とても嬉しいです。励みになります。また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「のど飴のなくなるまでを天の川」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは

のど飴の溶けて流るる天の川

飴が流れると川が流れるで重ねてみました。
のど飴のがミルキーで天の川がミルキーウェイだから既にかかっているのでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「のど飴のなくなるまでを天の川」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

卓鐘様
丁寧なコメント、添削
有り難うございます!
参考にさせて頂き、
勉強してゆきたいと
思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致しまーす。<(_ _)>

点数: 0

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「のど飴のなくなるまでを天の川」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
九日はやまひの妻へ菊枕
原句と句意も変わらず、軽くて優しい句ですね。
今の私では、こう軽やかには詠めません。
私は、少々人間が古臭くて、融通があまり効かなくて、固いと自分でも思います。それが句風にも出るんでしょうね。
頭を柔らかくする体操をします。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「のど飴のなくなるまでを天の川」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
「臥す」の文法指摘、ありがとうございます。
もう一度お教え下さい。
古文単語「臥す」には、
自動詞🈂️行四段活用と🈂️行下二段活用とがあります。
🈂️行四段活用の連用形は、確かに「ふし」ですが、
🈂️行下二段活用の連用形は「ふせ」となると思いますが、
私の理解が間違いでしょうか?
お手数掛けますが再度ご教示下さい。よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

身の竦む想い三寒雨染みて

作者名 星勲 回答数 : 2

投稿日時:

今日は今日明日は分からぬ雛祭り

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

着ぶくれて何も無いのに転びけり

作者名 世良日守 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『のど飴のなくなるまでを天の川』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ