俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

百日紅我に向かって花こぼす

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

百日紅の花がこんもりと咲いている。私に向かっているようだ。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「百日紅我に向かって花こぼす」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

再再訪

句へのコメント忘れてました。よく観察されたことは伝わります。花がたくさん咲いた時の枝先のしなりが自分の方へむかっているという捉え方はわかります。

「我に向かって花こぼす」この描写が少し弱いのと向かっての口語ともあいまって、散文感がありますかね。また、咲いた花(枝先)が我にむいているというより、我にむかって花を落としたようにもみえるので表現したいこととずれるかもしれません。

吾を向きし百日紅のこぼれけり
(あをむきしひゃくじつこうのこぼれけり)

花といわなくでも溢れるで伝わるとおもいます。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「百日紅我に向かって花こぼす」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

コメント返信されている事嬉しく思います。決して無理して全部返そうしなくていいですからね。できる範囲でだけで。

たまに句を、投句してコメントしても完全に無反応な方がいるんですが、なんか人形やロボットに話してるみたいでちょっと怖くなってくるんですよね。でも、誰かにでも、返信されてたり、反応されてるのをみたら、生身の人間のようにみえて安心します。(そういうロボットかもしれないんで、人間の認知なんてあやふやなものですが笑)

次の投句のさいに一言、前の句のコメントの反応があるだけでも、ちがいます。(僕もなかなか全部に返信かえすと負担になったりするのでそういう事します)

取り急ぎ。句へのコメントは後ほど。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「百日紅我に向かって花こぼす」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます

いえいえ。気軽によんじゃいけないなんてことはないです。ただ秋の訪れは必ず「秋来ぬと」とか「小さい秋みーつけた」がちらつくのでそれを踏まえてってところですかね。

で、独自の発見により秋の訪れはたくさん俳句でも詠まれてます。がそれが「虫の音」だと、こらまた季語になるくらいイメージがたくさんつまった言葉ですから、独自性がよわまるもしくは別のイメージに邪魔されるなどで、難しいっすね。

なので本歌どりでもして、そのパワーを、使うくらいしか思いつきませんでした。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕焼けていづれふたりはひとりかな

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

スタンプの絵柄も楽し滝めぐり

作者名 なおじい 回答数 : 15

投稿日時:

紫陽花や愛犬健太の眠るとこ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『百日紅我に向かって花こぼす』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ