俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おいしいよさじの行き交うかき氷

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 町内の夏祭りで、兄弟がそれぞれ違う味のかき氷を、時々お互いの味を確かめながら嬉しそうに食べてる動画が届きました。

最新の添削

「おいしいよさじの行き交うかき氷」の批評

回答者 おかえさき

今晩は、私も他人とはやりませんが、娘とは「味見させて」とか言って
やったりします、女性あるあるですよね!意味的には、どんな味の方が近い気がしますが、調べてがいいのと、好み的にはこちらの方が好きです!
さじがいいですね~😌今の子供は分かるかな?ただ、さじなので…ゆきかふの方が合う気がします。
俳句が湧き出るように浮かんで、羨ましいです✴

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

目に眩し青もみじの清々しさ

作者名 いがぐり 回答数 : 8

投稿日時:

音も無しうつらうつらや春の海

作者名 登盛満 回答数 : 4

投稿日時:

厳しくも余寒ありての嬉しさよ

作者名 ケント 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おいしいよさじの行き交うかき氷』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ