俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひまわりのコペルニクスを習いけり

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供たちは夏休みですが、コペルニクスについてもう習ったんだろうか、という思いも込めて。

最新の添削

「ひまわりのコペルニクスを習いけり」の批評

回答者 めでかや

こま爺さん、こんにちは。

烏の句へのコメントありがとうございます。
たぶん、本当のところは死んでいる烏を見つけた子供が、こんなところでは
可哀そうだ。公園の隅に穴を掘って葬ってあげようとしていたのだと思います。
そんな優しい心を持ったお子さんの姿に感動さえ覚えました。

ただ、この子が烏を殺してしまったとの解釈も出来てしまうのですよね。
実際に動物虐待のニュースは時々ありますからね。
17音でそこまで伝えようとしたところに無理があったのか、私の技量が
無かったのか、もう少し推敲したいと思います。

さて御句、コペルニクスと言うよりも地動説の方が万人受けするように思います。
さらには向日葵と合わせるのなら天動説の方が宜しいかと。
んっ、良い句が浮かびましたのでこの後投稿させて貰っちゃおうかな。
こま爺さんの句を参考にしちゃってすみません。この点はお許しを。
では今後ともよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひまわりのコペルニクスを習いけり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
拙句戦死の父にご助言ありがとうございます。
 全てを語らない、説明しない、読み手に想像を委ねるんでしたね。解っていても難しいてすね。
 
 拙句は答えは二倍でなく、その間に体験できただろう、人生経験を想像し、成し得なかった無念さなんです。
 従兄弟はとっくに倍を超えてますが、まだまだやりたいことかあると言ってました。

 俳句では少しのことを一、二個、沢山のことを五、六個と具体的にと耳にしたことがありますが、このことと二倍を比較してはダメなんでしょうか?
無知なままの質問ですみません。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひまわりのコペルニクスを習いけり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こま爺様
私の初歩的な質問に、お時間とお力を使って頂き、ありがとうこざいます。
しっかり読み返して、頑張りたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏服のとりどり続く宮の杜

作者名 かぎろい 回答数 : 3

投稿日時:

もう峰を遠くに眺め春霞

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

白鷺のためだらうこの朱き橋

作者名 イサク 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひまわりのコペルニクスを習いけり』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ