俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七夕やあえかな願い聳えけり

作者 みちのく  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になっております。
今日は七夕ですね。
初心者が詠んだ未熟な俳句を読ませて申し訳ありません。
「あえか」とは初めて使い、「細やか」という表現に似ているかなと思いました。

「七夕にあえかな想い聳えけり」とも考えました。

最新の添削

「七夕やあえかな願い聳えけり」の批評

回答者 イサク

こんばんは。日本語のお勉強おつかれさまです。

二点あります。
◆「あえか」は「はかなげで美しい物の様子」。
 一方「聳える」はビルや大木、山など力強く大きい物に使われることの多い表現です。
 このふたつの表現が同時にあって、この句のつながりではあまりプラスにはなっていないように思いました。ふたつの表現がケンカしてしまっているような。
 同時に使うこともできなくはなさそうですが・・・
◆「や」「けり」切れ字がふたつあります。
 絶対NGではないですが整理したいです。ここでは上五、中七下五、どちらも七夕のことを言っていますので上五の「や」は回避できますし、少し表現を変えれば下五の「けり」も回避できます。

・七夕に刻める願ひあえかなり

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朧月痴漢注意の看板を横目みる

作者名 三角すい 回答数 : 2

投稿日時:

薄氷や瑠璃色の実を留め居り

作者名 睦花 回答数 : 2

投稿日時:

春深しやりたき事をやる怖さ

作者名 卓鐘 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七夕やあえかな願い聳えけり』 作者: みちのく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ