俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨晴れ間おなご導くデジタル化

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そもそもデジタル端末のメッセージガイドは女性、コンビニや本屋の端末操作にも女性職員が付きっきり。女性の力なくてなにをか言わんや。

最新の添削

「梅雨晴れ間おなご導くデジタル化」の批評

回答者 めでかや

こま爺さん、おはようございます。早速のコメントありがとうございます。

パチンコ好きでしたか!。実は私も結婚するまではかなりでして・・・。
デジタル機が出たての頃はSTOPボタンを押すタイミングで当りを引けまして
10回転に1回の割合でチャンスが訪れます(^_-)-☆。(BRAVOって機種)
合法ですが店員が私の後ろについて監視される中で打ったこともございます。
学生時代でしたので、この結果多くの仲間が留年していきました。
(わたしはちゃんと卒業しましたよ)

一発台にもハマりまして、五百円玉をコインのように使う男と言われたことも
御座います。今はもう、翼の折れたエンジェルでございます。
エンジェルなんて一発台もあったなぁ(#^^#)。

さて御句、自動音声アシスタントもカーナビも全部、女性の声ですよね。
これって性差にはあたらないんですかね?。
個人的にはなんの問題もありませんけどね。

パチンコ話が長くなって俳句の話はありませんでしたが
今後ともよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨晴れ間おなご導くデジタル化」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

こま爺様
お世話になります。出来る女性はいいですね(嫌味では無いです🙏💦)。私は数年スマホにしていたら、もうパソコンを扱えなくなりました。(たぶん💦)女性の進出は、目まぐるしいですね。私は母の面倒や孫の面倒を理由に毎日午前中のみの仕事に致しました。最近本当に女性って凄いですね。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れ間おなご導くデジタル化」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

こま爺さんへ
こんにちは。いつも有難うございます。
先日の季語主役か否かの論説、私もも見させて頂きました。共感です。
さて御句ですが、こま爺さんが何故この梅雨晴れ間の季語を持ってこられたのかが力不足で分かりませんでした。句意コメントを見る限りでは、現社会の女性の活躍ぶりを感心されている様に思うのですが・・・
できれば教えて頂きたいと思います。
それともこの句に関しては、季語はそんなに重要ではなかったのでしょうか?
もう一点、おなごと言う表現に違和感が残りました。普通に女性ではいけませんか?
同じ3音ですし・・・
こまごまとすみません。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れ間おなご導くデジタル化」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

こま爺さんへ
おはようございます。いつも勉強させて頂きます。
辛口コメント大歓迎です。お互い切磋琢磨です。
拙句茄子句は、そう難しく考えないで軽く流して下さい。
御句デジタル化句の回答コメント有難うございました。
やはりそうでしたか。特に我々みたいな年寄りには、このマイナンバーカードなるものは鬱陶しいですよね。私もカードは作ってありますが一切使うつもりはありません。また、別の角度から今の女性の活躍ぶりに明るさを見出し期待をされていることが分かりました。それで梅雨晴れ間とされたのですね。勉強になりました。
ただ、おなごと言う表現にはどうしても違和感を感じます。私だけかも知れませんが
おなごと言う言葉には、女性を見下している印象が強く残ります。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れ間おなご導くデジタル化」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

こま爺さんへ
再訪です。
拙句シンビジウム句にもコメント有難うございます。
確かに、上5、中7、下5にはそれぞれに強い印象がありますね。
勉強になりました。
提案句については、詩情は感じましたが、残念ながら季語無しとなります。
山上げもシンビジウムも季語ではありません。
ただ山上げにつきましては、那須烏山の山上げ祭り実行委員会が【山上げ】を夏の季語とすると宣言しておりますが、まだ全国的には季語でないと思われます。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

群青の蛇の目の睨む新酒かな

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

春愁の平成終わりに我のせく

作者名 まちる 回答数 : 0

投稿日時:

氷のせネギも一緒に冷麦を

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨晴れ間おなご導くデジタル化』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ