俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

癒えし子の軽き寝息や団扇風

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高熱が続いてやっと落ち着いたときのことを思い出して詠みました🌻

最新の添削

「癒えし子の軽き寝息や団扇風」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
少し気だるい昼下がりの感覚でしょうか。ほっとした様子も優しく伝わります。
子、寝息、団扇の風、類句は多いですけれど。定番って感じで安堵感を感じました。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

釣り場まで径の夏草踏みしだき

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

日曜の露天湯探し四温なり

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

立春や禽集い来る精米所

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『癒えし子の軽き寝息や団扇風』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ