俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

波際にそっと裾持つ半夏生

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

海開きのニュースを見て。寄せる波にスカートの裾を持ち上げるイメージで。

最新の添削

「波際にそっと裾持つ半夏生」の批評

回答者 なおじい

水谷さん、こんにちは。
御句拝読しました。昨夜からコメント考えていましたが、まとまらず今日になってしまいました。

御句は光景が見えて好きな句なのですが、ちょっとコメントさせてください。感じさんの最初の訪問のコメントと似ていると思いますがご容赦ください。

中七の「そっと裾持つ」、これが気になりました。まず、「ガバと裾持つ」はありえない、というかやめてほしい。そうなると、「そっと」は要らないかも。
また、「そっと裾持つ半夏生」のように、中七が動詞で終わって下五の季語につながるのはどうも違和感が。

そこで私は、感じさんの最初のご提案句の「波際にあそぶスカート半夏生」、うわ、これいいなと思いました。

水着でバッチリ水に浸かるにはちょっとまだ早い、スカートの裾をつまんで波打ち際で遊ぶ光景が半夏生の陽気と合っていて、とてもいい感じと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「波際にそっと裾持つ半夏生」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

水谷さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
御句の季語
半夏生(時候)7月2日ころですから時期的にはあっていると思いますが、コメント海ひらきと半夏生は離れ過ぎの感じがします。
半夏生は歳時記にこの日はさまざまな禁忌があり、物忌みをする風習があった。
とありました。
提案句です。
・波際の抓むスカート海ひらき
と海ひらきと詠んだ方が良いような気がしますが、如何でしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「波際にそっと裾持つ半夏生」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
御句、景はよく浮かびよいと思います。
ただ「そっと裾持つ」の中7について
・まず、措辞の構成ですが、
「そっと」と「持つ」の修飾被修飾の関係が、「裾」で分断されています。
こう場合は、近づけた方がよいです。
「そっと持つ裾」一応この形がよいです。
・その内容面から
①「そっと持つ」、、
「そっと持ちあぐ」とかであれば、「そっと」も効くと。「そっと」と「持つ」、どこか違和感あります。「持つ」自体に、「そっと」のような、ニュアンス、イメージが含まれているからでしょか。
②それはさておき
「波際」→動的、「そっと持つ裾」→静的
たしかに、「裾」に注目したのはよいと思います。
しかし、中7も、「波際」に合わせたいと思います。(寄せては返す波、ですので)
「裾」の本体「スカート」で。
・波際にあそぶスカート半夏生
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「波際にそっと裾持つ半夏生」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
御句、景はよく浮かびよいと思います。
ただ「そっと裾持つ」の中7について
・まず、措辞の構成ですが、
「そっと」と「持つ」の修飾被修飾の関係が、「裾」で分断されています。
こう場合は、近づけた方がよいです。
「そっと持つ裾」一応この形がよいです。
・その内容面から
①「そっと持つ」、、
「そっと持ちあぐ」とかであれば、「そっと」も効くと。「そっと」と「持つ」、どこか違和感あります。「持つ」自体に、「そっと」のような、ニュアンス、イメージが含まれているからでしょか。
②それはさておき
「波際」→動的、「そっと持つ裾」→静的
たしかに、「裾」に注目したのはよいと思います。
しかし、中7も、「波際」に合わせたいと思います。(寄せては返す波、ですので)
「裾」の本体「スカート」で。
・波際にあそぶスカート半夏生
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「波際にそっと裾持つ半夏生」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

再訪です。
先ほどのつづき。季語について。
「波際にあそぶスカート半夏生」
「半夏生」掲句には合わないと。
点景として、人物を描いたので、季語も、景をもつ季語がよいと。
場所が、「海辺」なので、「水」とか「風」(風、は、波がおこる事との因果あります)
読者の視点を「上」にもっていって、「ひろがり」を感じさせたらどうですか。
・波際にあそぶスカート雲の峰
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋時雨汀に散りぬ初紅葉

作者名 岩田哲明 回答数 : 0

投稿日時:

石投げて泉の月の揺らぎけり

作者名 つちや郷里 回答数 : 6

投稿日時:

糸伝い蜘蛛下りてくる鼻の先

作者名 西風子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『波際にそっと裾持つ半夏生』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ