俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ちんどん屋季語にあらずや春の空

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

句としては時候がずれますが
懐かしいちんどん屋を近くであったイベントで見ました。そこで、調べましたら
ちんどん屋は季語ではありませんでした。なぜ?と思いましたが
私にとっては、春の懐かしき思い出なので詠みました。

最新の添削

「ちんどん屋季語にあらずや春の空」の批評

回答者 もんこ

めいしゅうさま
いつも丁寧なコメントを下さりありがとうございます。
そうですね!俳句って読む人によっていろいろな読み方ができるのですね。
詠むことと同じくらい、いやそれ以上かもしれない読む力を養いたいと思いました。
ここの道場に出会って良かったと。
たくさんの方にアドバイスをいただけて私幸せです!
めいしゅうさん、またよろしくお願いいたします。

ところで、ちんどんやって季語にないのですね!(笑)
昭和が懐かしくて、ジンときます。
昭和のお菓子でいまだに残っている金平糖とか、糸ひき飴とか、ラムネとかそういう句を詠むのもいいですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

しわしわやしなびかけたるみかん買う

作者名 秋雄 回答数 : 2

投稿日時:

古暦ハートマークを眺めけり

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トンネルと同じ長さの春の夢

作者名 山口雀昭 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ちんどん屋季語にあらずや春の空』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ