俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

民宿の自慢話や夏料理

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつも行く民宿、いつもおやじさんの自慢話が料理の代わり。

最新の添削

「民宿の自慢話や夏料理」の批評

回答者 負乗

めいしゅう様、こんばんは🙂
「や」は、当然、当たり前の切れ字ですが、何となく「だ」としたくなりました。
「民宿」は省いて…
「おやじまた自慢話だ夏料理」

駄目っすかね…笑)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「民宿の自慢話や夏料理」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん、拙句「ちやぽちやぽと~」にご意見どうもありがとうございました。
よろこんで頂ける方が一人でもいると作った甲斐があります。
めいしゅうさんのケロケロの句ですが、すぐに蛙を連想してしまうのでオノマトペの工夫が欲しいところですね。蛙の句で僕が好きな句を・・・
「雨蛙ほろゝと麦にゐるならん」 細見綾子

御句、おやじさんをなんとか句に入れたいなあ・・・
・民宿やおやじ自慢の夏料理
ちょっと苦しいところですが、勘弁してください。

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「民宿の自慢話や夏料理」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。このままでは、詠み手が民宿にいったことを自慢している、民宿の自慢話になってしまいます。人物はやっぱり出しますか?

夏料理宿の主人の武勇伝
板長の馴れ初めばなし夏料理

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

燃やすもの焼くもの持ちていざ焚火

作者名 なおじい 回答数 : 14

投稿日時:

宮迫の謝罪動画鐘凍る

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

手を冷やしやってみねばと秋刀魚刺す

作者名 弥平 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『民宿の自慢話や夏料理』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ