俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ねがわくは泉の下に夜死なむ

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

西行の歌のぱくり
死ぬときは夜が良いかな?

最新の添削

「ねがわくは泉の下に夜死なむ」の批評

回答者 めいしゅうの妻

佐渡様
再訪です。先ほどのコメントで、御句の賛辞入れるのを忘れました。
それなのに、自分の詠んだ提案句を優先して済みませんでした。
御句の、泉の下は私は泉の下(もと)(上下の下ではなく)と読みましたが・・・
そのほうが、土の下とか、泉の底とかではなく、泉の傍とか、ほとりとかに読めるかなと思いました。(もともとそうであったのでしたらすみません)
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ねがわくは泉の下に夜死なむ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

泉句コメントありがとうございました
拙句トレビの泉をヒントにしましたが
子供の頃本当に涌き出ている泉に一円玉が
沈んでました。回ってはいなかったです(笑)
草泉の季語載ってなかったです。
勉強になりました
佐渡様、歳時記新しく買い換えられましたよね
ペラペラな歳時記しか持ってないので
いい物欲しくなってきましたが
使いこなせるかな~(笑)

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「ねがわくは泉の下に夜死なむ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

佐渡さん、こんばんは🙂

想が浮かばぬ時は、"本歌取り"は狙い筋だと思います。
泉…(滝?)…と夜…良いですね。

自分の死を思ふこと、現代人は嫌う傾向がありますかね…
僕はもっと、"死"を近付けて、いっぱい詠みたいという気もします。

即興で、良い句と思いました。

また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「ねがわくは泉の下に夜死なむ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

おお、西行!西行のこの歌、辞世に見えて辞世の句ではない、昔の方はいつも死を念頭において生に全うしていたみたいな文章を授業で教えたことありますねー。それくらい美しい泉だったんだなあ。
花の下はともかく、泉の下、というのがどこのことか少し悩みました。底?泉の土の下?このあたりが主眼なだけに、読みがとまらない方がいいですよね。本歌取りって難しい。
そう考えると、戦争が立ってない方の廊下に蝶がいる句、エグタルさんの、素晴らしいです。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ねがわくは泉の下に夜死なむ」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

佐渡さまへ
おはようございます。いつも有難うございます。
毎朝いつも佐渡さんに先を越されてしまいます。(悔しいいいい!)
齢80を過ぎると、いろんな事考えるようですね。小生は佐渡さんより10若いですがやはり最近終活を考えますよ。
泉とは黄泉の国かな夜思う
あっ、これ今即詠みしたのですが、道場に投句してもいいですか?
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白杖に声掛けそびれ秋の風

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

眼帯を取りて諸目に渡り鳥

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トンネルの中に夕焼け見つけたり

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ねがわくは泉の下に夜死なむ』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ