俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

濃紫はじめ黄緑七変化

作者 喜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今の季節、鎌倉は、紫陽花が盛りです。

最新の添削

昨日きみどり今日むらさきの七変化

回答者 秋沙美 洋

喜子さん、こんにちは。

一読してパッと意味が入って来ませんでした。おそらく「濃い紫(現在の様子)」→「黄緑(過去の様子)」の順番で書いてしまった事による時系列の乱れで分かりづらくなっているのかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

濃紫黄緑なりし七変化

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

実際の紫陽花はあまり色が変わらないと思いますが、七変化という
言葉はいいですね。このままでもいいかもしれませんが、三段切れ的なのと「はじめ」がやや説明的なので掲句。時間の経過があるのでどうしても説明的になりますが。いかがでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

達筆の校抜けず春の恋部屋長愛し

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

テイクアウトの牛皿と夜桜と

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

百円をけちって過ごす冬最中

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『濃紫はじめ黄緑七変化』 作者: 喜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ