俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花道を踏むボクサーや秋深し

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様こんばんわ。いつも御世話様です。千日草さんから新しいタイプの句をとのリクエストがありましたのでらしくない句をアップしました。
この花道は入場の時なのか試合終了後の退場の時なのか、ボクサーは勝つ(勝った)のか負ける(負けた)のかは読者の想像任せです。
それでは皆様の御意見や添削案をお待ちしております。

最新の添削

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんこんにちは。
お久しぶりです。
11月に入ったら淡路へ句会の皆さんと吟行に出かけます。
師匠もいっしょに行けたらいいのにね‼
阿波おどりの結果はまだです。
昨日新聞社に電話して聞いたら今は最終段階に入っているのでもう少し待ってくださいね。
と言っていました。
わかったらここに書き込みしますね。
万両の句ですが
万両の赤き実福を招くとか
これは先生が添削してくれました。
ここに投句するのは下手でも自分の読んだものをと思っているのでコテンパンにどうぞ!
ではまた投句します。

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。他の方の俳句には、相変わらず感想しか述べられない身ですみません。
まず、ボクサーの句は、70秒負けを詠まれたんだろうと、、。私の句は、新婚では成り立たないので、紙婚と捌くは外せない単語です。俳句咲く咲くのオンエアーを勝手に楽しみにしています。
ご報告ですが、お陰様で「恋する俳句」で
また入選しました。😂

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 04422

腹胃壮さんこんばんは!ありがとうございます。勝ったか負けたか分かりませんが、踏むと秋深しで、僕は負けにしました。どうでしょうか?分からなくとも、安心して味わうことのできる句です。楽しい夜になりました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!
このコメント、的外れだったらゴメンナサイ。ちょっと自信がないです。
構成は「らしい」ですが確かに「らしくない」遊びがある気がします。
「花道」がそのままの意味なのか、あるいは何かの比喩(例えば入場ゲートからリングまでの道)なのか、それによって全く解釈が異なるようにしているのでしょう。面白い試みと思います。
問題は「秋深し」ですが、「花道」がそのままの意味であれば良く機能していると思います。しかし、そうではなくて「花道」が屋内の何かしらの比喩であれば宙ぶらりんな感じがします。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 塩豆

すみません、危惧した通りになってしまいました。色々訂正です。
「花道」を辞書で引きますと「花の道」という意味はありませんでしたので解釈の分岐はないですね。しかもコメントを良く見ると書いてありました。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 たけたけ

腹井壮様
いつもお世話になっております。
秋祭の添削をありがとうございました。
「跳ぬる」という言葉自体、私は思いつきませんでした。そして、「精肉屋」でもいいですね。精肉店より一音節約できます☺️

ボクサーの俳句、面白いですね。
私は負けたのかなと思いました。
「踏む」がなんだか足に力込めて悔しそうで…。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃私の菊日和の句にコメントありがとうございます。所で、私のお友達とは誰でしょうか❔私はけしてスーパーおばさんではありません。凡人ですね。俳句を詠んでいてそう思います。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「花道を踏むボクサーや秋深し」の批評

回答者 04422

腹胃壮さんこんばんは! 月曜日ネタ切れです。たまたま、昨日の畑仕事の出来事を思い出しましたので赤まんまの雑草を句にしてみました。花道は僕なりにコメントしましたので、省略させていただきます。明日はどうでしょうか?日記も続ける事出来ません。下五赤まんまの方が良いでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春暁の夢のなかまで雨の音

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花や友の絵葉書来る頃か

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

袖捲る坂道の空踊子草

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花道を踏むボクサーや秋深し』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ