俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通勤路の側道のフェンスからちょこんと ひとつはみ出して咲いてました
フェンスの向こうは見えませんが。

最新の添削

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 めいしゅうの妻

水谷様
こんにちは。コメント有難うございました。
慌てん坊で困ったもんですね。
ご指摘の通り、とまと(夏)ねぎ(冬)両方とも季語です。
今朝、自分で作ってあまりにもさっぱりしたもので、つい嬉しくてそのまま投句してしまいました。季語のオンパレードになってますね。失格です。
【レシピ】トマトは5センチ角くらいのサイコロきり、しろねぎはみじん切り
塩・こしょう少々 酢と砂糖 お好みでごま油 大葉を刻んで入れたらなお良いかも
今回の投句は大失敗でしたが、ドレッシングは美味しいですよ。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
さすがですね、なんてとんでもない、この道場で先輩から教わってきたことを書いているだけです!

何かが伝わったならうれしいです。このサイトの良さは他の方に置いたコメントをみんなが閲覧できるところなので。

水谷さんの句のなかでも、炎昼と採血台、梅雨入りと踏切は、季語との距離感が良くて、ざっとコメントが入りました!一方衣替えと樟脳とかは連想ゲームなら一周目に来そうな近い距離というイメージです。
このつかずはなれずが難しくて面白いのです。ずばんとハマったときに、飛躍的に詩を生みます。季語からよむとついつい因果やつきすぎが出てしまうので、要注意です!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは🌞お世話になります。
御句をふくめ、最近、映像を意識しているか、景のよくうかぶ良い句だと思います。
さて、御句。
句だけ読むと、朝顔、はフェンスの向こうにあると
感じられます。作者が、そう取られてもよいと思うなら、それでも良いと思います。(ありうべき嘘=ありそうな嘘)
しかし、コメントでは、「フェンスから、ちょこんと」ですので、実景に合わせます。
という事で、安直に
・フェンスから朝顔ひとつ咲きにけり✖︎
としましたが、なんか違和感あり、、
「フェンス」と「朝顔」の位置関係がおかしいと思いました。
・フェンスの間(ま)朝顔ひとつ咲きにけり
と、提案しておきます。中のひとつ、から、下にかけて、シンプルすぎるとも思いましたが、そのシンプルさが良いと思いました。
因みに、
フェンスの間朝顔咲くや○○○○○
として、下五に色色入れられるとも思ったということで、
フェンスの間朝顔咲くや曇天に
とか、です。
そういえば、去年の暮れ頃、「フェンス」が流行ったこと思いだしました^_^
「川べりのフェンスの奥や冬薔薇」
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

水谷さんへ
はじめまして。(ですよね?)めいしゅうと言います。
御句、朝顔ひとつ がとてもいいと思いました。普段何気なく通る路でそういう小さな発見をするとなぜか嬉しいですよね。
フェンス越し の解釈については、感じさんのコメントにお任せするとして
通り路朝顔ひとつ見つけたり(通勤路の側道とあったので)
作業着で朝顔ひとつ見つけたり(通勤に作業着かどうかはわかりませんが・・・)
上5は他にも色々考えられると思います。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

水谷さん、こんばんは🙂
「フェンス越し」…の措辞が好きですね😉
「朝顔ひとつ」というのも、私は好きですね、ええ。
鮮やかだと思います。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

水谷さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
私は朝顔をみるとなんだかさわやかに気持ちになります。
提案句です。
・朝顔の青き一輪フェンス越し
色はわかりませんが、青としてみました。
映像が出るかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
コメント分かりにくかったですね。すいません。
・御句をふくめ〜(ありそうな嘘) 
の部分ですね。
①御句をふくめ〜景の良くうかぶ良い句だと思います。
→この「朝顔」の句もふくめて、最近投句される句は(といっても、三、四句ぐらい)、「映像」をもつ普通名詞を使っているように、私は感じます。
この句でいえば、朝顔のほかに、「フェンス」という「映像」をもつ普通名詞です。
それで、読者は、水谷さまの句を読んで、映像を浮かべることができます。
それで、この傾向は良いことです、と言う意味です。
②句だけ読むと、(作者、読者から見て)「朝顔」は「フェンス」の向かう側にあると感じられます。について。
・「フェンス越し朝顔ひとつ」
まず、フェンス越し、とは、フェンスを超えて、と言うことです。つまり、作者(読者)から見て、「朝顔」は、「フェンス」の向かう側にあると私は思いました。
朝顔→フェンス→作者の目
と言う空間上の配列。
つまり、作者から見て、まずフェンスがあり、そのフェンスの間から、フェンスの向かうに朝顔がひとつある、ということ。もしかしたら、朝顔の回りには草花がぎゅーぎゅーとあるかもしれません。
それで、水谷さまのコメントでは、「フェンスからひとつ、はみ出して」とありました。
フェンス→朝顔→作者の目
つまり、作者の目から見て、まず、朝顔が見え、そのバックにフェンスがあると、私は理解しました。
そして、これが実景ですね。
③作者がそう取られ、、、(ありそうな嘘)まで、について
②でいったように、私は
作者の目→フェンス→朝顔
と理解しました。
コメントにある実景は
作者の目→朝顔→フェンス 
です。
水谷さまが、読者がこの句を読んで、私のような解釈をされても、(実景と異なっても)作者である水谷さまがそれでも構わないと思うなら、それもよいと、私は思います、と言うことです。
④「ありうべき嘘」=ありそうな嘘、について
これは、説明せずに使ってしまいました。
藤田湘子の、用語です。
芸術的表現の上で、芸術性が高くなるなら、実景と異なっても、ありそうな、表現上の嘘はついてもよいという考え方です。(ありそうな嘘ですので、突飛なありそうな嘘はダメ)。
この「ありうべき嘘」は、私が③で述べたことに関して使いました。
と以上です。
なお、私のコメントで疑問点あれば、また言ってください。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇
御句「朝顔」についての、私のコメントで、誤解を招く部分がありましたので、補足しておきます。
・【最近は映像がよく浮かぶ句が多くなっている気がします。(といっても、三、四句ぐらい)】
と言うようなコメントです。
(三、四句ぐらい)の意味ですが、
10句ぐらいあって、景が浮かぶ良い句は、そのうちの(三、四句ぐらい)である、という事ではありません。
(おそらく、そう解釈されたのでしょう、書き方が、私が下手でした)
コメントの意味は、「炎昼」から「朝顔」まで、三、四句ぐらい(でしょうか、数えてないので正確ではないですが)全ての句で、景が浮かぶ良い句と思います、ということです。
落胆させましたら、ご容赦を。
で、「朝顔」の句も、水谷さんのコメントがなければ、😀、良い句であると、私はコメントしたと思います。
(水谷さんのコメントの朝顔の見え方と、句の「朝顔の見え方」が全く違ったので、書いた次第です)
以上です。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

生えたての四つの歯で食むさつまいも

作者名 霞愛子 回答数 : 3

投稿日時:

新涼や庭に向きたる桐の下駄

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨入や癖毛の朝の物語

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『フェンス越し朝顔ひとつ咲きにけり』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ