俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空

作者 寒月  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前回の投句をご講評くださいました腹井壮様、遅ればせながら、暖かいコメントを頂き、本当にありがとうございました。これからも頑張っていきますので、是非とも今後もご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

今回の句は、真っ白な雪の山を白磁に喩えました。呉須は白磁の染付に使う釉薬らしいのですが、澄んでいながら少しくすんだ青が冬の空の色にピッタリかなと思い、このように詠んでみました。句切れの位置と「染める」という言葉で悩みましたが、ひとまずこのような形にしております。ご意見を頂けますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

最新の添削

「雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空」の批評

回答者 腹井壮

山田さん、こんばんわ。厳しくとか優しくとか加減が出来ない腹胃壮です。

申し訳ないのですが私には原句とコメントの擦り合わせが上手く出来ずイメージが膨らみませんでした。特に「を暮れて」は夕方の事でしょうか。それとも「雪暮れ」でしょうか。どちらでも矛盾した句の内容になってしまうような気がします。

雪嶺に焼き付く呉須の御空かな

この添削案でどこまで句意に沿っているのか私には測りかねます。参考程度に。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨はじめまして

🔷雪の嶺を暮れて染むるや呉須の空

「染めたり」を「染むるや」と切ってみました。

または、

🔷雪嶺の染まりて暮るる呉須の空

どうでしょうか❔

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。宜しくお願いいたします🙇。始めて半年ですので、素人の感覚での添削ですがお許しください。
🔶呉須色に染めて暮るるや雪の嶺
暮れると空は重複してる感じと、景色がごちゃごちゃした感じがしますので、こんな添削になりました。呉須色勉強になりました。ありがとうございます。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

干し竿の衣服換わらず蒸し暑し

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

時たてば四角の丸く花氷

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

デュエットをママがOK年忘

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪の嶺を暮れて染めたり呉須の空』 作者: 寒月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ