俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いつか着るきっと着るよと衣替

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

たまには、お題に挑戦!と言っても前に作った句ですが…😅
女は服に執着があり(1枚買ったら1枚捨てると言われますが)中々捨てられません、特に値段の高かった物は…
衣替えの度にいつもコンテナの隅に押しやってる服何枚もあります。
もうお洒落して行く場もあまりないのに😓
つぶやき…ですね~

最新の添削

「いつか着るきっと着るよと衣替」の批評

回答者 かこ

こんにちは。
おかえさき様

全くその通りです!

いつか着るきっと着るよと更衣

どちらでも意味は同じなのですけどね、今のところ季語的には更衣の表記だと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「いつか着るきっと着るよと衣替」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
私も物を捨てられない世代です。
衣替えどころか箪笥に眠ったままです(笑)
御句このままいただきます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「いつか着るきっと着るよと衣替」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

おかえさきさま
こんにちは。
御句、妻の口癖を思い出して思わずクスッときました。女性の心情を見事に詠まれていると思います。将来痩せたら着れるかもと言う願望かも・・・
二度と痩せる事はないのに(これはうちのかみさんの事です)。
衣更えいつか着れるはもう来ない
川柳っぽいですかね(笑)

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冴ゆる日や四度梵鐘鳴りわたる

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

娘との思い出星影のワルツ

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

日向ぼこうつらうつらと戸によりて

作者名 洋子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いつか着るきっと着るよと衣替』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ