俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一箱の苺重たき見舞い入る

作者 輝久  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

十数年前、とても良くしてくださった先輩が末期癌での入院でした。
苺1パックと少しばかりの包みを持っての見舞いでした。
今でも思いだします

最新の添削

「一箱の苺重たき見舞い入る」の批評

回答者 宮武桜子

こんにちは

一箱の苺の重さ見舞い入る。

立場は反対ですがかなり近い経験があります。重たきより重さの方が読み手に余白が残るので良いと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一箱の苺重たき見舞い入る」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

輝久様、初めまして🙂

「見舞い入る」だと、それを受け取る側の視線になりませんかね…
コメントの状況からすると、シンプルに、
「一箱の苺重たき見舞ひかな」
とか… あるいは、
「一箱の苺重たし友見舞ふ」
とか…
また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋時雨自責薄れる二度寝かな

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

夕立の過ぎ去りし後7色の橋

作者名 夏宿 回答数 : 0

投稿日時:

切株も黄橙色の柚子古木

作者名 鴨長迷 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一箱の苺重たき見舞い入る』 作者: 輝久
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ