俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雫ひとつ内臓に落ち風薫る

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ふと、何でもないがスイートな記憶が甦った。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

負乗さま
おはようございます。お世話に成ります。
観覧車の句にコメントと提案句有難うございました。
普通は、映る とか 写る なのですが(その方が素朴な気もします)
ここはあえて光るとしました。(実際光って見えたので。)
人それぞれの感想や感慨があって俳句って楽しいですね。
またどしどしご意見下さい。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

こんばんわ いつもお世話になります。
コメントありがとうございました。
「朝顔ひとつ」が いいとお褒め頂きましたが ほんとは 一輪 としたかったのですが 字余りになるので 「ひとつ」としました
結果 オーライ? 😆
また よろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
はじめまして、ではないと思います^_^
さて、拙句「素足」と「ラジオ体操」へのお褒めのコメント頂きありがとうございます😊
しかしながら、「女性の」「素足」の「艶」に走ってしまい、「夏らしさ」が欠けていると思います。
「臥す」も、たんに、横になっている、という意味で使いましたが、病臥ともうけとられる措辞でした。
それで、「ラジオ体操」の方ですが、
「比叡指しゐる」に、「を」抜けているとのですが
「比叡を指しゐる」ということでしょうか。
私は、「ひえいさしいる」で中七と思っておりますが、、
また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「雫ひとつ内臓に落ち風薫る」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
はじめまして、ではないと思います^_^
さて、拙句「素足」と「ラジオ体操」へのお褒めのコメント頂きありがとうございます😊
しかしながら、「女性の」「素足」の「艶」に走ってしまい、「夏らしさ」が欠けていると思います。
「臥す」も、たんに、横になっている、という意味で使いましたが、病臥ともうけとられる措辞でした。
それで、「ラジオ体操」の方ですが、
「比叡指しゐる」に、「を」抜けているとのですが
「比叡を指しゐる」ということでしょうか。
私は、「ひえいさしいる」で中七と思っておりますが、、
また、よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ちびりちびり夜半に味わう冷酒かな

作者名 とまと 回答数 : 4

投稿日時:

出水引く瓦礫のなかに三輪車

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

歓声の膨らんでゆく春の海

作者名 洋子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雫ひとつ内臓に落ち風薫る』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ