俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

タクシーに愚痴こぼす客おぼろ月

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某地方紙のボツ句。
ここは落としたくなかったのですが…。
場所、人、心情を季語に託しましたが悔しい~
(愚痴(笑))
客にしたのは愚痴を言うのは自分でなく
ドライバー目線で。
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「タクシーに愚痴こぼす客おぼろ月」の批評

回答者 佐渡

葉月庵郁斗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
日常生活の何気ない一こまでした。
ゴロが良かったですね。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「タクシーに愚痴こぼす客おぼろ月」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんにちは!
お仕事お疲れ様です。
いろんな人がいるのでしょう。
・乗客に小言を言われ月見草
よろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「タクシーに愚痴こぼす客おぼろ月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

コメントも込みで。
◆上五で「タクシーに」と入るので、ドライバー目線になっていません。
 ドライバー目線ならば、佐渡様の提案句のように「客に言われ」や「客が自分に言う」になると思います。
◆この句は第三者目線で、「乗客が、タクシー(ドライバー)に、タクシーとは関係ない愚痴(仕事の愚痴など)をこぼしている」という映像が見えてきます。
 この第三者はどこから見ているの?となりますね。

ということで、「タクシー」を説明しようとすると自分がドライバーになりきれない(自分の職業の説明になってしまう)ので、コメント通りの句意なら佐渡様の提案句に一票です。

・愚痴ばかりの酔客乗せて朧夜を

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

信号の前に立つ人風薫る

作者名 夏音 回答数 : 3

投稿日時:

飛花を追ふ髪へいとやはらかき落花

作者名 イサク 回答数 : 22

投稿日時:

伊勢海老とケーキが並ぶ三段重

作者名 オルカ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『タクシーに愚痴こぼす客おぼろ月』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ